2017.10.02

ディスコ流行りに触発されたのであろうSKY-HIとのコラボ曲で幕を開ける、結成17年目のメジャー進出作。汗とスメルを撒き散らすエレクトロ・ブレイキンや冒頭のホラ貝スクラッチからあらぬ方向へ突っ走る石野卓球製のアシッド曲など、いつも通り〈楽しそうなら何でもアリ〉の精神が貫かれており、ミニ・アルバムなれど聴き応えは十分。ジャケにはサ上のオカンの絵も復活したし、彼らのドリームはまだまだ続く!