2017.10.03

やりたいことをやり抜くんだという気概に溢れた3作目。サイケでカラフルな彩色が施された表題曲、とびきり陰鬱なフォーキー曲“Velvet Theater”、アーシーかつドラッギーな“The Trip”など、渋い趣味性を従来以上に開示しつつも本筋から外れることなくいつも以上に安定感のある走りを見せる。音の骨太さと軽妙さのバランスもすこぶる良いし、前作からの“アイスタンドアローン”もやはり名曲。そのまま迷わず突き進め。

関連アーティスト