2017.10.05

前々作から前作までに4年のスパンがあったことを考えたら、1年ぶりにニュー・アルバムが登場したという事実だけでもバンドの勢いを感じられる? 自分たちの過去作品を何度も聴き返し、そこから閃きを得たとのことで、キャリアの集大成とも言える出来映えだ。クリームやレッド・ツェッペリン的なブルース・ロックのフィーリングと、IDM~エレクトロニカを違和感なく混ぜていく手腕は流石としか言いようがない。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集