TOPICS

草間彌生が表紙、セロニアス・モンクやトリバリスタスらを特集したタワレコのフリーマガジン〈intoxicate〉130号配布中

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.10.10
intoxicate vol.130 表紙画像
 

タワーレコードが偶数月に発行しているフリーマガジン〈intoxicate〉。今回は、現在配布中の130号(10月10日発行号)についてお知らせします。

今号の表紙を飾るのは、日本が世界に誇る前衛芸術家・草間彌生。巻頭特集では、彼女の半生を追いつつ、今月1日に東京・新宿にオープンした草間彌生美術館についても紹介しています。開館記念展は来年2月まで開催中ですので、そちらも足を運んでみては。

さらに、今年生誕100周年を迎え、ジョン・ビーズリーらによる生誕100年記念公演も控えたセロニアス・モンク、今年8月に15年ぶりの新作CD/DVD『Tribalistas』を発表した、マリーザ・モンチ擁する3人組ユニット、トリバリスタスをヘッドラインで特集。どちらも読み応え十分のロングコラムです。

このほか、11月22日(水)まで開催中のフェスティバル/トーキョー17〉でライヴ・パフォーマンスされる〈忉利天(とうりてん)〉の構成・演出・美術を手がける北京のアーティスト、陳天灼(チェン・ティエンジュオ)とドラァグクリーンのヴィヴィアン佐藤による対談を実施。また、アイルランドの国宝級バンドであるチーフタンズ、先日来日したジェイコブ・コリアーを始め、多数のアーティストへのインタヴュー記事を掲載しています。

intoxicateはTOWERminiを含むタワーレコード全店にて無料で配布中。このほかTOWER RECORDS ONLINEでは数量限定での販売も行っています。なかなかお店まで足を運べないという方はこちらもご活用ください。intoxicateの記事はMikikiでも順次公開していきますので、引き続きチェックを!

※intoxicate 130号のコンテンツはこちら