INTERVIEW

ザ・チーフタンズ、リーダーのイリアン・パイプス奏者パディ・モローニにインタヴュー 〈55年の歴史と、日本との相思相愛の関係〉

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.10.23
(C)Mayuko Yamaguchi 取材協力:朝日カルチャーセンター新宿教室

世界中で愛される、アイルランドの国宝級バンド、ザ・チーフタンズ~リーダーのイリアン・パイプス奏者、パディ・モロー二が語る55年の歴史と、日本との相思相愛の関係

 1962年の結成から数えて55年。“アイルランドの音楽大使”チーフタンズはこの11月から12月にかけて、通算11回目の日本ツアーをおこなう。91年の初来日から今日までのおよそ四半世紀にわたる彼らの歩みは、アイルランド/ケルト音楽の世界市場における隆盛の歴史そのものであった。もちろん日本でのアイルランド/ケルト音楽人気も、彼らの世界的活躍に負うところが大きい。

 ハープのデレク・ベルとフィドルのマーティン・フェイの死去、同じくフィドルのショーン・キーンのライヴ活動引退などを経て、現在、黄金期メンバーはリーダーのイリアン・パイプス奏者パディ・モローニとフルートのマット・モロイ、そしてバウロン/歌のケヴィン・コネフの3人だけになっているが、再来年の全米ツアーの日程まで既に決まるなど、グループとしての活動はますます精力的だ。若く優秀な演奏家たちを随時引き込んで演奏や演出の活性化を怠らないモローニの戦略的プロデュース能力の賜物だろう。8月にプロモ来日したモローニも、来年は80才。しかし、その生気と饒舌さにはいささかの衰えも窺えない。怪物である。

 「91年の初来日公演のことは、よく憶えているよ。確かタンザニアのザンジバルのグループも同じイヴェントに出たんだったね。公演後、彼らのターラブという音楽の演奏スタイルをショーン・キーンと一緒に教わったんだ」

 そう、あれは91年9月に開催された《東京ムラムラデラックス版》。ターラブのグループは、ザ・ミュージック・オブ・ザンジバル。すごい記憶力だ。

 「その後の来日公演では、日本人音楽家たちとも多くの共演を重ねてきた。滋賀の高島町で子供たちが《ダニー・ボーイ》の演奏で歓迎してくれたことや、沖縄の音楽大統領(照屋林助)との出会いなどは、特に美しい思い出として心に残っている。遊佐未森や元ちとせの歌も素晴らしかった。喜納昌吉の《花》という歌では、沖縄音楽とアイルランド民謡の共通性を強く感じた。そして、なんといっても矢野顕子。彼女の演奏と歌は、いつ聴いても圧倒される。彼女とはニューヨークでも共演したことがあるんだ」

 今回の日本ツアーでは、矢野顕子の他にも和太鼓の林英哲、元ネーネーズ/現うないぐみの古謝美佐子、同じく沖縄の上間綾乃、そしてフォーク・デュオのハンバート・ハンバートなどが共演することになっている。

 一方、チーフタンズ本隊を支える若手サポート陣も精鋭ぞろいだ。ハープのトリーナ・マーシャルとダンス&フィドルのネイサン&ジョン・ピラツキ兄弟、スコティッシュ・シンガーの歌手アリス・マコーマック、そしてアイリッシュ・ダンサーのキャラ・バトラーは、近年の公演にはほとんど常に帯同してきた“ほぼ正式”メンバー。マーシャルは、11月には2作目のソロ・アルバム『ビトウィーン・ツー・ウェイ』の日本盤も発売されるが、そこで大活躍しているギタリストのティム・エディも今回のサポート陣に加わっている。

 「ティムは、一昨年英BBCで最優秀フォーク・アーティストに選出された凄腕で、アコーディオンも上手い。彼が演奏し始めると、観客を全部持っていってしまう感じになる。期待してもらいたい」

 ボン・イヴェールやパンチ・ブラザーズなどが参加した『ヴォイス・オブ・エイジズ』(12年)あたりから、欧米諸国では目立って若い観客が増えてきたそうだが、日本では90年代からどの国よりも客層が若かったという。

 「なにしろ日本は、チーフタンズ・ファンクラブがある世界唯一の国だしね。日本公演はおのずと力が入っちゃうんだ。楽しみだよ」

 今月出る新しいベスト盤『グレイテスト・ヒストリー』などもしっかり聴きこんで待つべし。

 


LIVE INFORMATION

ザ・チーフタンズ 来日公演2017~祝・結成55周年! Forever Tour~
○11/23(木・祝)17:00開演 会場:所沢市民文化センターミューズ アークホール
ゲスト:ハンバート ハンバート
○11/25(土)15:00開演
 会場:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
○11/26(日)16:00開演
 会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
○11/27(月)19:00開演
 会場:愛知・Zepp Nagoya
○11/30(木)19:00開演
 会場:東京・Bunkamura オーチャードホール
 ゲスト:林英哲、古謝美佐子、上間綾乃
○12/2(土)16:00開演
 会場:長野市芸術館 メインホール
 ゲスト:矢野顕子
○12/3(日)16:00開演
 会場:神奈川・よこすか芸術劇場
 ゲスト:矢野顕子
○12/8(金)19:00開演
 会場:東京・オリンパスホール八王子
 ゲスト:ハンバートハンバート、ドリーマーズ・サーカス
○12/9(土)16:00開演
 会場:東京・すみだトリフォニーホール 大ホール
 ゲスト:ドリーマーズ・サーカス

■関連イベント
チーフタンズ・スペシャル・ワークショップ

クラス:イーリアンパイプ/ボーラン/フルート/ ケルティック・ハープ/ フィドル/ギター/ダンス/ヴォーカル
○11/29(水)18:30受付開始/19:00開始
会場:渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール

www.plankton.co.jp/