2017.10.23

日本で根強い人気を誇るR&B貴公子の2年ぶり7作目。デビューから10年、一貫して〈美メロ〉を紡いできたセンスは今回も平常運転。トロピカル・ハウスの“Must Be Love”や、トラップ、ダンスホールなど昨今のトレンドをどんなにまぶしても、彼らしい甘い歌声とメロディーは保たれている。初期ニーヨ作法な“Wrapped Up”、流麗なピアノ・リフがいかにもな“Tornado”などに漂う安心感は何物にも代えがたい。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集