2017.11.07

近年はKANDYTOWNでの活躍ぶりが目立つラッパー/トラックメイカーの、ソロでは初の全国流通盤となるEP。ampelの河原太朗を共同プロデューサーに迎えた生音主体のメロウなサウンドは、ジャケ同様の黄昏模様を描き出し、気ままに歌い紡がれるようなラップと雰囲気たっぷりに溶け合う。狂おしく濃密なハウス曲“Shake”などもあるが、享楽性に振り切れることなく、どこか真摯な眼差しで愛を求める姿がロマンティック。

 

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集