2017.11.09

間にEPMDの再々結成やグーンドックスでのリリースはあったが、ソロ名義では『The Awakening』以来となる14年ぶりのアルバム。トラックは変わらずソウルフルな自作がメインで、往年の荒々しいノリは脇に従えた舎弟たちの勢いで補いつつ、帰還を告げるイントロから眉毛の濃いマイク捌きは意気軒昂だ。熱いプロディジー追悼曲やお洒落ソウル系など曲調は意外に多彩で、EPMDやアガラー、LONSのディンコDらも登場。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集