2017.11.10

1年半ぶりのミニ・アルバムは、フロア仕様の骨太なラウド・ロックを色鮮やかに聴かせる快作だ。R&B風の歌い回しを含むAGの歌声は、表現力が格段に増した印象を受ける。異国情緒漂うエレクトロニクスがミステリアスな雰囲気を醸し出す一方で、メロディーがしっかりと練り込まれ、どの曲もサビが強烈に耳へ訴えてくる。ライヴでは以前から演奏されていた“Something New”も実にカッコイイ。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集