SERIES

【fhanaのわんだふるレコメン紀行】第15回 ママズ・ガン、EW&F、ジャザノヴァなど、室内で聴きたいメロウ&グルーヴィー曲

fhánaのメンバーがその時々の気分でオススメ作品を紹介する連載!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.11.24
【fhanaのわんだふるレコメン紀行】第15回 ママズ・ガン、EW&F、ジャザノヴァなど、室内で聴きたいメロウ&グルーヴィー曲

 fhánaのいろいろな音を担当しているkevin mitsunaga(ケビン・ミツナガ)です。

 いや~、夏も終わってすっかり寒くなりましたねえ……。外に出るのがだんだん億劫になってインドア派な過ごし方をする人も多いのではないでしょうか。今回は、室内でまったり過ごしたい人のために、メロウでグルーヴィーな楽曲たちを紹介したいと思います。

MAMAS GUN Routes To Riches Candelion(2009)

 まず1曲目は、英国ロンドンを拠点に活動しているバンド、ママズ・ガンの “Pots Of Gold”です。

 優しいテイストのバンド・サウンドに、甘い歌声が非常にマッチしています。身体が冷えた時は、こういった曲とお酒で心身共に温めるのが一番なんじゃないでしょうか。いつも以上にリラックスできると思いますよ!

 

EARTH,WIND & FIRE I Am ARC/Columbia(1979)

 続いて2曲目は、ご存知な方も多いと思われるアース・ウィンド&ファイアの “After The Love Has Gone” です。

 とにかくロマンティック! どこまでもグルーヴィー! いつまでも聴いていられる曲です。一度再生しはじめると、僕はいつも数時間に渡って聴き続けてしまいます(笑)。家族、親友、恋人、そういった大事な人たちと一緒に聴きたいなと思う曲です。お酒を酌み交わしながらね。

 

JAZZANOVA Funkhaus Studio Sessions Sonar Kollektiv(2012)

 ラスト3曲目は、3人のDJと3人のプロデューサー/トラックメイカーから成るドイツのユニット、ジャザノヴァの “Let Me Show Ya”です。

 なんだか憂鬱でやる気が出ない、そんな時に僕がよく聴く曲です。優しく包み込まれているような、それでいて背中を後押ししてもらっているような気持ちになりますね。室内だけでなく、散歩にもすごく適した曲だと思います!

 さて、いかがだったでしょうか? アップテンポで盛り上がるものも良いですが、これからの季節、こういったナンバーでまったりと過ごすのも良いのではないでしょうか。余談ですが、僕はもともとこういったスロウ~ミッドテンポな曲が大好きで、学生の頃は、よくこういう曲を聴きながら家で過ごしたりしていたな~、なんてことを今回紹介しながら思い出して、エモい気持ちになりました(笑)。

 それではまた次回!

 


kevin mitsunaga
佐藤純一(FLEET)とs10rwのyuxuki waga、kevin mitsunaga(Leggysalad)という3人のサウンド・プロデューサーとヴォーカリストのtowanaから成るユニット、fhánaのさまざまな音を担当。TVアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング曲が収録された最新シングル“Hello!My World!!”(ランティス)が好評リリース中! 〈テイルズ オブ オーケストラコンサート 2017 feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス〉、FLOWが主催する対バン・ライヴ〈第5回Act Against AIDS 2017 in SENDAI〉、大阪府立大学の学園祭などのイヴェント出演も決定しています。その他の最新情報はオフィシャルサイト〈http://fhana.jp/〉にてチェックを!

関連アーティスト
読者アンケート