2017.11.30

シカゴ出身のシンガー/鍵盤奏者によるワン・リトル・インディアンからのデビュー・アルバム。リリカルなピアノの音色にオーソドックスなロック・サウンドが被さるアップもなかなかの出来だが、ピアノと歌に焦点を絞ったバラード曲――例えば“Time”や“Still Frames”“June”などに本領が窺える。中性的なヴォーカルの魅力もそういうしっとりしたスロウでこそ映えるもの。喪失感のリアルな表現にやられた。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集