INTERVIEW

BiSH『THE GUERRiLLA BiSH』 進化の年を締め括る圧倒的なニュー・アルバムで辿り着いた新たな地平とは

【特集:ALL YOU NEED is WACK and SCRAMBLES】Pt.2

BiSH『THE GUERRiLLA BiSH』 進化の年を締め括る圧倒的なニュー・アルバムで辿り着いた新たな地平とは

BiSH from new landscape
止まらない進化と感情の揺らめき――新しいBiSHは新しい地平に立つ!

いちばん変化できた年だった

 BiSHの快進撃が止まらない。3月のシングル“プロミスザスター”、6月のミニ・アルバム『GiANT KiLLERS』を立て続けにヒットさせたかと思えば、7月22日に行われた幕張メッセイベントホール公演を完売させて7,000人を動員。もはや8月の恒例行事となったZepp Tokyoでのフリー・イヴェント〈TOKYO BiSH SHiNE(TBS)〉も3年目にして初の満員にするなど、熱量溢れるライヴの評判は上がり続けるばかりだ。一方で、セブン-イレブンとのタイアップで“おでんの歌”を歌ったり、メンバーのアイナ・ジ・エンドがTVアニメ「18if」の主題歌やディズニー楽曲のカヴァー集『Thank You Disney』にソロで参加するなど、その存在感はより広いフィールドへ向かってさまざまな方向へと拡散。まさに急成長の1年だった。

 「2016年の8月にアユニ(・D)が入って、その年末に1か月の休止期間があってからの2017年のスタートだったので、メンバーそれぞれ考える時間もあったし、そこでBiSHとしての結束も固まった気がして。3年間の活動のなかでいちばん変化できた1年だったと思います」(セントチヒロ・チッチ)。

 「去年は入ったばかりで何もわからなくて、ちゃんと吸収できないまま進んでたところがあったけど、2017年はメンバーや環境にも慣れて、自分で考えることができるようになった年だなと思ってます」(アユニ・D)。

 「幕張なんて埋められるわけがないという気持ちも正直あったんですけど、そこに向けてがんばっていくなかで、自分を含めたBiSHみんなが成長できたなって思って。話も上手くできるようになったし」(ハシヤスメ・アツコ)。

 「いままで何十回何百回とライヴをしてるんですけど、今年の〈TBS〉で“スパーク”の落ちサビを歌ったときに、初めて〈いま歌ってる!〉って思えたんですよ。〈ライヴで歌うことってこんなに楽しいんや!〉って気付けた瞬間で、そこから新しく始まった気がしていて。そのことと、幕張公演、あとソロのお仕事で鎮座DOPENESSさんと一緒に歌ったときの〈この人、本物だ!〉っていう衝撃は、私の2017年の3大ニュースに入るぐらいヤバかったです(笑)」(アイナ)。

BiSH THE GUERRiLLA BiSH avex trax(2017)

 そんなジェットコースターばりの勢いで進化中の6人が、2017年の締め括りに届ける強烈な一撃が、メジャー2枚目となるニュー・アルバム『THE GUERRiLLA BiSH』だ。もっとも、去る11月4~5日には事前告知なくサプライズでタワレコの店頭にて299円で先行販売され、オリコンのデイリーチャートでは自身初の1位を獲得済み。まさにゲリラ的なプロモーションで話題をさらったのも記憶に新しいが、何よりイカしているのはその中身だ。もちろん今作も松隈ケンタとSCRAMBLESの面々が全曲を手掛けており、〈楽器を持たないパンクバンド〉という謳い文句をさらに強調するようなナンバーがたっぷり装填されている。

 「問題作ですね。他のバンドさんじゃなくてBiSHがこういう作品を出したことが問題だと思うし、ずっと叫んでる曲があるのも問題だし。幕張メッセが終わってからも失速しないぞ!っていう気持ちを表現できたアルバムだと思います」(モモコグミカンパニー)。

 

いままでになかった感じ

 その〈ずっと叫んでる〉曲“SHARR”ではリンリンの壮絶なスクリームを軸にメンバーが絶叫合戦を繰り広げ、合間には「『GiANT KiLLERS』の時から声に遊びをつけるようになりました」と語るアツコの妖艶(?)ヴォイスも炸裂。“SMACK baby SMACK”では「松隈さんから〈チバユウスケさんみたいに歌って〉って言われたんですけど、私はチバさんのことがわからなかったので、チバさん風の歌い方をしてるアイナちゃんを真似しました」というアユニがオラついた歌唱法を覚醒させるなど、歌声の個性がこれまで以上に追求されているのも頼もしい。

 そんななかにあって、まったく新しいBiSH像に挑戦した象徴的なナンバーこそ、リード曲の“My landscape”だろう。ストリングスを大々的に導入した雄大でドラマティックなサウンドにはノリだけに頼らない名曲の風格があり、聴き進めるに従って増していくような感情の深みも一級品だ。

 「曲調や雰囲気が海外のバンド・サウンドみたいで、いままでのBiSHになかった感じがして。自分ではAメロとBメロとサビで全然違う感じに歌ってるつもりで、歌詞の〈山猫〉のところは松隈さんから〈戦いに挑む前の山猫の気持ちで超静かに歌って〉って言われました」(チッチ)。

 「曲を貰ったとき、自分がどこを歌うかより先に振りが浮かんできて、そのイメージが〈気持ち悪い動き〉だったんです。自分のなかでそういうものを表現したい気持ちが大きかったから〈キターッ!〉ってなって。足を開脚する振りは出産をイメージしていて、山猫が生まれるみたいな感じ。あとは全体的に大陸をイメージしてたので、ずっと身体のどこかしらを動かしてて、止まることがないんですよ」(アイナ)。

 さらに、「『KiLLER BiSH』で書いた“My distinction”の続きの出来事を書いてるんですけど……2年前にケンカ別れした友達と仲直りできて、ハッピーな結末で終わりました」(リンリン)という陽気なメロコア“Here's looking at you, kid.”、「私は集団行動とか誰かと競うのが苦手なんですけど、そういう人もひとりひとりいいところがあるはずだから、どこかしらで一番になれるよって伝えたかった」(モモコ)と語るシャッフル系の柔らいミディアム“JAM”、「夜中に自分の嫌で消し去ってた思い出や黒歴史を思い出して、いろいろ考えちゃうときの気持ちを書きました」(アユニ)という2ビートの疾走チューン“spare of despair”など、今回もメンバーそれぞれの作詞が活かされている。アイナが「自分が男か女かわからんようになったときがあって、でも私は女として生まれてきてるから、歌詞の中だけでも女になってみようと思って」書いたという“ALLS”の曝け出し具合も凄いが、チッチ作詞の短尺パンク“ろっくんろおるのかみさま”も、彼女の本音と強さが垣間見えてグッとくる。

 「私のことを応援してくれてる人がSNSで〈私のことホントに好きなのかな?〉って思うようなことを書いてて、人間不信になったことがあるんです。でも、それ以上に私を応援してくれる人がいっぱいいると思って、そんな人たちに届けたくて書いた歌詞なんです。きっと誰にでも自分のことを好きになってくれる人がひとりはいると思うから、その人のために生きてればいいと思うし、自分は自分という気持ちを持って生きてほしいなと思って」(チッチ)。

 壮大なストリングスの躍る“パール”、後ろ髪を引かれるような青臭さが逆に新鮮なラストの“FOR HiM”まで、面倒な感情ともきっちり向き合いながら日常をストラグルしていく姿を描いた全13曲。6人それぞれの個性や役割がよりハッキリしてきたぶん、本作はさまざまな人の心や景色にフィットすることだろう。学生限定/女性限定というテーマを設けたこの秋のツアーを駆け抜け、2018年には早くも次のツアー〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を控えるBiSH。6人の前にはまだまだ広大なランドスケープが広がっている。

BiSHの近作。

 

アイナ・ジ・エンドの参加した作品。

 

BiSHのライヴDVDを紹介。

 

次ページ『THE GUERRiLLA BiSH』の進化を読み解くサブテキストたち
関連アーティスト
プレイリスト
pagetop