COLUMN

SEDSOUL―クール・ミリオンの率いる人気レーベルから、モダン・ブギー~アーバン・ディスコの連弾!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.12.21

SEDSOUL
クール・ミリオンの率いる人気レーベルから、モダン・ブギー~アーバン・ディスコの連弾!

 2000年代後半から盛り上がってきた欧州のモダン・ブギー・シーンを牽引し、ブギー/ディスコといった記号がここ何年かのポップ・フィールドで持て囃される前から、高感度なアーバン・リスナーの間で着実な支持を積み上げてきたクール・ミリオン。彼らはデンマークのフランク・ライルとドイツのロブ・ハートによるプロダクション・ユニットで、アルトン・マクレインやケニ・バークら往年の名シンガーを迎えた自身の作品はもちろん、さまざまなディスコ/ファンク作品をコンビ/ソロで手掛けてきたが、その拠点となるのが彼らの主宰するセッドソウルだ。ふだんは配信がメインのレーベルながら、今回はそこからCD作品が一気に届いたので紹介しておこう。

VARIOUS ARTISTS Sedsoul The Single Collection Volume 1 SedSoul(2017)

 まずは、それら配信シングルをまとめたレーベル・コンピ『Sedsoul The Single Collection Volume 1』。これがとんでもなく充実したモダン・ブギー/ソウル集で、クール・ミリオンの2人が絡んだ楽曲を中心にそのほとんどが初CD音源。デヴィッド・トービンを擁したロブの“Trying”をはじめ、ローラ・ジャクソンによるジェイドのカヴァー“Don't Walk Away”、ダイアン・マーシュ“Love U Right”のT-Grooveリミックスなど注目曲だらけだ。

 

DJ FRICTION PRESENTS GROUND CONTROL Boogie Some More SedSoul(2017)

COOL MILLION The Best Of Cool Million SedSoul(2017)

 また、ドイツのDJフリクションによるプロジェクト、グラウンド・コントロールの初アルバム『Boogie Some More』も登場。デヴィッド・ウィットリーの歌う“All Night Long”から超ファンキーな魅力は全開で、タキシードと同じくヒップホップ畑のフリクションだからこそ生み出し得た逸品という印象だ。クール・ミリオンのベスト盤も含め、好き者ならいずれも必聴!

読者アンケート