TOPICS

クドカン絶賛! 瞬間沸騰ロックバンド・快速東京、5作目のタイトルは〈DEATH〉です

クドカン絶賛! 瞬間沸騰ロックバンド・快速東京、5作目のタイトルは〈DEATH〉です

瞬間沸騰ロック・バンド、快速東京が5作目となるフル・アルバムを2018年1月24日(水)にリリース。アルバム・タイトル『DEATH』とジャケット・アートワークが発表された。

『DEATH』には新曲17曲(過去作に収録されている“メタルマン”シリーズの4作目“メタルマン4”も収録!)のほか、1曲目から16曲目のインスト・ヴァージョンも入った全33曲を収録。レコーディング・エンジニアはtoldの鈴木歩積が担当し、マスタリングはアビー・ロード・スタジオで行われた。

快速東京『DEATH』ジャケット
 

快速東京と言えばグラフィック・デザイナーでもある一ノ瀬雄太(ギター)によるジャケットも毎回こだわりが感じられるが、今作のジャケットは髑髏を模したものになっており、バンドは〈骨になるまでロックしましょう〉とコメントを寄せている。

また快速東京メンバーも出演した映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の監督・脚本を務めた宮藤官九郎もコメントを寄せ、〈間違いない最高傑作!〉と本作を絶賛している。

快速東京は12月24日(日)に東京・下北沢BASEMENT BARにてアルバム超先行発売&ワンマン・ライヴ・イヴェント〈おかいどく〉を開催。この日の限定先行販売で『DEATH』を定価の500円引きで購入することができる(一人1枚まで)。詳細は快速東京オフィシャルサイトで確認を。

 


快速東京コメント
お忙しいあなたも死ぬまでロック!
快速東京デス!!! 遂に結成10周年、ロックバンド快速東京が2年ぶり5作目のフルアルバムをリリースします。全国ロックファン待望の世相ぶった斬り痛快ドタバタロックンロール全17曲。アルバムタイトルは『DEATH』。礼儀正しいんだか何だか良く分からないダブルミーニングでパンクな精神は健在デス。カバーアートワークは万国共通ワルいやつらのトレードマーク=髑髏。骨になるまでロックしましょう。レコーディングエンジニアに盟友・鈴木歩積(told)を迎えセルフプロデュースで制作された今作。気心知れたエンジニアとがっぷり四つのコンビネーションで、緻密に練り上げられた最高のロックサウンドを実現しています。また、マスタリングはロックの聖地、英国アビーロードスタジオで敢行。ハードかつ骨太でありながらボトムが引き締まった、ワールドクラスの素晴らしいサウンド。本物が分かる君のためのニューハードロック・フロム・ジャパン。是非お家のステレオを震わせてください。また今作は、CDの最後に歌無し演奏のみのインスト音源(全曲分)が収録されています。ご家族でのカラオケに。かっこいいラップを乗せてみたり、出囃子に使ったり。是非とも皆さま、ご自由に活用いただければと思っております、デス。

宮藤官九郎コメント
快速東京は1曲が短い。ライブを観に行った時、そろそろ終わりかなと思ったら〈あと13曲です!〉と元気に言い放っていて、若いっていいなと感心した。
今回のアルバムも短い。でも短いだけじゃない。1曲1曲にアイデアがこれでもかと詰まってる。
歌詞は前にも増して皮肉たっぷり。間違いない最高傑作!しかも短いから繰り返し聴ける。
なにが言いたいかというと、快速東京、リフとビートとアイロニー、最高!!

関連アーティスト