2018.01.17

日本の現代ジャズ・シーンで引く手あまたのトップドラマー、石若駿。全て彼自身の作曲によるEPの第2弾となる本作では、ドラム以外にピアノ、キーボードを演奏。前作にも参加しライヴ活動も共に行う角銅真実らのヴォーカルをフィーチャーした歌モノポップスであるということは前作と共通するところだが、自身が所属するCRCK/LCKSのメンバーである小西遼や越智俊介などが参加し、バンドサウンドがフィーチャーされ、構築された楽曲とアンサンブルを楽しめる作品となっている。洗練された楽曲にじっくり耳を傾けると、一音一音のセンスの良さとさりげない技術の凄さに驚嘆させられる。

関連アーティスト
GR'18