2017.12.28

前作で最初の到達点を迎え、その後に音楽性を再構築。みずから〈メタル・オリエンテッド・インストゥルメンタル・ロック〉と名乗っているように、メタリックなギター・リフとツイン・ペダルによるヘヴィーネスを全面に押し出しつつ、従来のポスト・ロック的な轟音と組み合わせることで、新たなサウンドスケープを開拓した。envyやworld's end girlfriendといった先人にも劣らない、確かなオリジナリティーがここに。

関連アーティスト