2018.01.04

クリスマス盤と近いタイミングでの発表となった4年ぶりの新作。リル・ロニーがメイン・プロデュースを務める今回はインスピレーショナルなR&Bという側面を持ち、スロウ・バラードの“Saving Grace”では十八番のホイッスル・ヴォイスが飛び出すも、妖艶さよりかつての“Straight Up”に通じる力強い歌唱で自身の再生を歌う。クワメ制作の“Super Lover”も含めてオーセンティックかつ強烈なリフを持つ良曲揃いの一枚。

関連アーティスト