2018.01.04

毎年このくらいの時期になると出てくるコンパクト恒例のコンピ・シリーズの最新盤。絶妙な揺らぎと滑らかな転換でハメるフレスコ&ファイファーの“Splinter”に始まり、前作から引き続きの参加となったYui Onoderaのクラシカルな空間作りや、KAITO名義でHIROSHI WATANABEが送るミニマルなギターとドローンの組み合わせ、オーブの沈み込むビートなど静かな実験が繰り広げられていて楽しい。今回は特に収穫多し。

関連アーティスト
Mikiki Pit Vol.3