COLUMN

多国籍感溢れる「血界戦線 & BEYOND」サントラや「ボールルームへようこそ」キャラソン&劇伴集、「けものフレンズ」関連作など注目の二次元以上盤を一挙紹介!

【二次元以上。 brilliant sounds from 2D and over】 Vol.37

(C)竹内友・講談社/小笠原ダンススタジオ

 

社交ダンス界が舞台のスポ根&青春群像劇「ボールルームへようこそ」のキャラソン&劇伴集!

 竹内友による社交ダンスをテーマとした漫画「ボールルームへようこそ」。今年7月にTVアニメ化され、12月までの2クールに渡って放送された同作の関連2作品が到着した。

VARIOUS ARTISTS TVアニメ『ボールルームへようこそ』キャラクターソング集 トイズファクトリー(2017)

 (初回登場時は)中学3年生の主人公、富士田多々良(CV:土屋神葉)と同い年のライヴァルである兵藤清春(CV:岡本信彦)、多々良の最初のパートナーである花岡雫(CV:佐倉綾音)、一時的にカップルを組む1学年下の赤城真子(CV:諸星すみれ)がジャケに登場する『TVアニメ『ボールルームへようこそ』キャラクターソング集』には、Q-MHzの作詞/作曲による各々の個性に沿った4曲とそのインスト版を収録。晴れやかなワルツ調の“Imaginary dancing”に乗せて競技ダンスへの強い思いを吐露する多々良に、タンゴ風味を隠し味にした滝善光(9mm Parabellum Bullet)のギターが暴れる熱血ロック“Shouted Step”では歌によってエネルギッシュなステップを踏む兵藤。そんな男子組に対し、女子の2人は清潔感溢れる往年のアイドル・ソングの如き“Dance with my…”、ガーリーな微炭酸ポップ“Flower's monologue”でダンスを相手にときめきにも似た胸の高鳴りを伝える。

 

林ゆうき ボールルームへようこそ トイズファクトリー(2017)

 また、林ゆうきが担当した『TVアニメ『ボールルームへようこそ』オリジナルサウンドトラック』のほうは、オーケストラルな意匠のナンバーからスロウ・ファンクやジャズ調のバンド・サウンドなどボーダレスな音で場面に叙情性を与えるトラック群と(“ホールの勝利者”なんて劇伴だけで泣きそう)、オリジナル&スタンダードを交えた劇中の競技曲を2枚組にパッケージ。キャラソン集とサントラ共に、試練を乗り越えて人間的にも競技者としても成長するスポ根もの、青春ものの側面も持つ物語自体の美点が浮かび上がる内容になっている。 *土田真弓

 

次ページ「けものフレンズ」好きであればあるほどニヤける2作品!