ホームカミングス福富のニューキッズオンザブロック! From中立売

アニメーションおもしろいかも? 元デスキャブのクリスやJUNO主題歌でおなじみキンヤ参加の「トーリー・パインズ」が観たい!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2018.01.12

みなさんあけましておめでとうございます。今年の年明けの瞬間はなんと家で一人で「CUPHEAD」してました。「CUPHEAD」マジで最高ですので、Xbox持ってるみんなはすぐさま始めてくれ~。とにかくこの映像見たら一発でイキフン伝わるはず!

いや~もう最高ですよね。正直あんまりゲームとかやらずに育ってきたんで、グランドセフトオートとかウイニングイレブンとか全然知らないし、ポケモンとスターフォックスとドンキーコングとバンジョーとカズーイ(レア社のゲームは全部最高!)、つまりスーファミと64とゲームボーイアドバンスまでしかやってなかったんですよね。ただもうこの「CUPHEAD」の何が最高ってとにかくめちゃくちゃシンプルってこと! 横スクロールのステージと、個性的なボス戦って感じでドンキーコング(ボスの感じでいうと、「2」と「3」)のワクワクっぷりが再び!

一面で倒したボスがお化けになって帰ってくる〈ふっかつ! おばけボス ゾッキー〉が最高。

ボスとは関係無いけど島に住んでるクマたち可愛かったなー。

あとはやっぱり「CUPHEAD」の魅力は、この1930年代風のカートゥーン・アニメーション! 超キュート!

なんと背景の水彩画はもちろん、キャラクターの動き一つ一つまで手描きというこだわりっぷり。フィルムのガサガサしたノイズ音まで入れてくるんだから本当にすごい。そんでもってサントラもすごい。

もう参りました~っていうこの素晴らしさ! こんなん絶対やりたいじゃないですか? しかもこれがインディーゲームっていうんだからすごいですよね。もうディズニーランド行きたいもん。ディズニーといえば、うちのほなちゃん。ディズニー博士。ディズニー女史。

※福田穂那美(Homecomingsのベース)。ディスニーを愛してやまない

なんてことをこの年末休み全部BETしてやってたんですけど、そんな時にふと思ったのは、〈もしかしたらアニメーションってめちゃくちゃ掘り甲斐あるんじゃないかしら? 新しい扉開けるかも?〉ってこと。確かに今まであんまり追いかけてこなかったモノなので、〈実は面白いモノがたくさんあるかも?】と思ってたところにポンっと飛び込んできたのが、東京のイメージフォーラムで今週末1月13日(土)から月末にかけて行われる〈長編アニメーションの新しい景色〉というイベント。とりあえず作品ラインナップを見てみてください。

なんかめちゃくちゃワクワクしません? 初めてグッチーズ・フリー・スクールの存在を知った時のあのワクワクというか、面白いモノやことを知れそうな予感みたいな。

こういうの見るといいなぁ東京、、って思ったりもするんですけど、まぁそういう面白いコトは自分たちで作ってしまえばいいんですよね、っていう思いで〈New Neighbors〉とかやってます。

このラインナップの中でもクライド・ピーターソン監督の「トーリー・パインズ」がめちゃくちゃ良さそう。

内容ももちろん良さそうなんですけど、見逃せないのは音楽! あのデス・キャブ・フォー・キューティの元メンバー、クリス・ウォラ(!!!)がプロデュース。

デス・キャブ・フォー・キューティの2005年作『Plans』収録曲“Marching Bands Of Manhattan
 

そして、なんと歌を提供しているのはキンヤ・ドーソン(!!!)ですよ。夢のような組み合わせ。キンヤ・ドーソンといえば「JUNO」でお馴染み、そうあの曲の。

イベント自体は月末までやってるんですけど、この作品が上映されるのは今週末13日と14日の2日間だけ。しかもなんと両日共に監督が劇伴をライブ演奏する上映みたいです(監督はミュージシャンでもあるらしい)。めちゃくちゃ行きたい。いいなぁー、よければみなさんどうぞ! そんでもって感想とか教えてもらえると嬉しいです。

そんな僕ですが、今月末には〈平賀さち枝とホームカミングス〉名義の久々の新作「カントリーロード/ヴィレッジ・ファーマシー」がリリースになります。ジャケットとブックレットの写真は僕の実家の近くの手取フィッシュランドっていう遊園地で撮りました。石川県を出て気づいたんですけど、あんな遊園地は他にあんまりないんですよね。小さくも大きくもないし、人も多いわけじゃないけど、観覧車もジェットコースターもバイキングもちゃんとあって。ちなみにフィッシュランドの観覧車は僕にとっての原風景的な景色の中にずっとあるもので、“ANOTHER NEW YEAR”っていう曲の中にもひょこっと出てきます。

とにかく最高な内容になっているのでお楽しみに! 今年のホームカミングスはあれやこれやとめちゃくちゃ騒がしくなりそうです~。

 


Homecomings Live Information
2018年1月14日(日)京都METRO
2018年1月28日(日)大阪・心斎橋CONPASS
2018年2月9日(金)京都 磔磔
2018年2月10日(土)香川・高松WstudioRED
★詳細やその他のライヴ情報はこちら

【プロフィール】
福富 優樹

福富 優樹 (ふくとみゆうき)

京都の4人組バンド、Homecomings唯一の男子でギターと作曲と作詞をヴォーカル畳野と共に担当。普段はCD屋さんでせっせとレジを打っています。1番好きなバンドはスピッツかペイヴメント。好きな漫画は〈タンタンの冒険旅行〉シリーズかエイドリアン・トミネ。好きな作家はスチュワート・ダイベックで、好きな映画は「トゥルーマン・ショー」と「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」。

タグ
関連アーティスト
読者アンケート