2018.01.25

1967年。この年に生まれた人は今年50歳。もうイイ歳なわけだが、この年に生まれたイイ曲は今でもやっぱりイイ曲。そんなロック、ポップスの曲をエストニアのピアニスト、トヌー・ナイソーが巧みにジャズ化しピアノ・トリオで聴かせる一作。フィフス・ディメンションの “ビートでジャンプ”“輝く星座”、ビートルズ“シーズ・リーヴィング・ホーム”、ストーンズ“ルビー・チューズデイ”、ジミヘン“パープル・ヘイズ”等60年代を象徴するナンバーをカヴァー。そんな中、バカラックの“ルック・オブ・ラヴ”をソロ・ピアノで聴かせるオマケもあり、加えて秀逸な2曲のオリジナルがキラリと光る。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集