INTERVIEW

寿美菜子 『emotion』 スフィアでの景色やファンとの交流、3年間の経験から生まれた〈残したいもの〉とは

寿美菜子 『emotion』 スフィアでの景色やファンとの交流、3年間の経験から生まれた〈残したいもの〉とは

一曲一曲、色に見えていて。実際に聴いていただいて、みなさんなりに感じてもらえたらうれしいです

 

昨年暮れにリリースされたシングル『ミリオンリトマス』に続き、寿美菜子が3枚目のアルバム『emotion』を届けてくれた。前作『Tick』から3年4か月ぶりと少々お待たせしての今作だが、ジャケットで抱える花束――グロリオサが〈炎のユリ〉と呼ばれるように、彼女のパッションがあちこちにみなぎっているこのアルバムは、待ちかねたファンの顔も思わずほころぶ出来映えで。

「『Tick』を出したあとのツアーはものすごく達成感があったので、直後に〈それを越えるのは何だろう?〉って求めてもなかなか答えが出ない状態でした。それが、この3年あまりの間にいろいろな曲と出会って、自分自身もいろいろな曲を聴いたりライブを観たり、あとはスフィアで見えた景色だったりファンの方との交流だったり……いろんなものが今に繋がって、残したいものが見えてきて」

残したいもの、それはすなわち〈新しい何か〉ということでもあるのだが、そのひとつが自身による作詞。

「1曲でもいいからチャレンジしようっていうところからスタートしたんですけど、結局、全部書けました。歌詞を書くことは結構役作りに似てるなあって思ったので、役でいうところの……っていう感じで言葉をはめていったりして。言葉ひとつで印象が変わるとか、いままであまり考えることがなかったこともたくさんあったので、勉強にもなりました」

リズミカルなギター・ロック“Ambitious map”をはじめ、EDMナンバーの“LOVE JOY FUN”、ガーリーなポップ・チューン“I wanted to do”、南半球テイストを忍ばせた“feel in my heart”など、新曲群のサウンド、その風合いもバラエティー豊かで、彼女の歌声の新たな一面も引き出されている。

「一曲一曲、色に見えていて。“I wanted to do”はピンク色かなとか、“LOVE JOY FUN”はテンション高い曲で黄色っぽいけどちょっとパステル寄りの黄色かな?とか。実際に聴いていただいて、みなさんなりに感じてもらえたら嬉しいです」

タグ
関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集