2018.02.07

メゾの新星、クレバッサのフランス歌曲集。前作の『ズボン役』のアリア集でのチャーミングさとは全く別の表情を見せています。冒頭のドビュッシー《ビリティスの3つの歌》でのたおやかな風情の中にありながら香るような艶かしさにまず魅了され、ラヴェル《シェエラザード》ではフルートも加わり、それがさらに輝きます。ファジル・サイのピアノについては素晴らしいの一言。いわゆる“オーケストラの音が聞こえてくるような”色彩感のあるスケールの大きな演奏で支えます。ラストはサイ自作の《ゲジ公園3》。非常に長大なヴォカリーズでドラマ性があり、彼女の表現力が冴えわたっています。
 

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集