DISC GUIDE

【特集:DOG YEAR OF RAP】GADORO、SALU、Lick-G、C.O.S.A.、KOJOE、MARIA、JJJ、NENE―2017年を象徴する名盤たち

Page 3 / 3

VaVa low mind boi SUMMIT(2017)

THE OTOGIBANASHI'Sらにトラックを提供してきたビートメイカーが、みずからマイクを握ったラッパー・デビュー作。インディー・ポップ風のジャケからもわかるように、簡素な自作のベッドルーム・サウンドとストレートなラップが邪心なく馴染んでいる。“low mind spaceship”の飛躍ぶりが特に良い!

 

GADORO 花水木 SUNART(2017)

〈KOK〉優勝に前後してのファースト・アルバム『四畳半』から10か月で発表した、2017年2枚目のアルバム。リリシズムに重きを置いた作りはそのままに、DJ PMXやdj hondaのような重鎮の後ろ盾も得て、より細部までを丁寧に磨き上げた力作だ。輪入道とのコラボも手応え十分。しかもこの後に〈KOK〉連覇とは!

 

ちゃんみな 未成年 ビクター(2017)

一気にメジャーに飛び出したシンデレラ・ガールの初作。マイク捌きもサウンドも日本では珍しいUSアーバン寄りのメインストリーム志向で、抉るようなラップとスタイリッシュな歌唱を並列に聴かせる。ブーティーで太い音もカッコ良く、この年のうちに出した次作『CHOCOLATE』も気合いの入った内容だった。

 

KEN THE 390 五月雨の君に DREAM BOY(2017)

SKY-HIを起用した昔からフックアップが上手いKEN兄さん。本作収録の“Call Of Justice”は「サイボーグ009」絡みの主旨に乗じてDOTAMA、ACE、KOPERUに加え、Rude-α、Rei©hi、じょう、ニガリ、Lick-Gと若手を抜擢。ここには未収ながらEINSHTEINとR'kuma、裂固、じょうを迎えた“Rock The House”も鮮やかだった。

 

VARIOUS ARTISTS フリースタイルダンジョン ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.2 GRAND MASTER(2018)

人気バトル番組のサントラ第2弾は、“MONSTER VISION”から新旧モンスター勢のトラックまでがギュッと集められ、エクスクルーシヴや初CD化も多数あって純粋にコンピとして聴いても満足度の高い内容になっている。クセのある呂布カルマから直情的な裂固まで、各々のスタイルを纏った振る舞いの多様性が楽しい。

 

MARZY Manhattan Records presents FRESHMAN mixed by MARZY Manhattan/LEXINGTON(2017)

YENTOWN/PROPERPEDIGREE所属のMARZYがDJミックスを担当して、フレッシュな顔ぶれの音源を選りすぐった刺激的な一枚。MIYACHIとAKLO、kZmが組んだエクスクルーシヴの“KILL IT EYDEY”やWeny Dacilloの“Convenience Star”などのトラップ系を主体に、Elle TeresaやBAD HOPらの人気曲がひしめく。

 

VARIOUS ARTISTS Manhattan Records presents 2017 BEST OF JAPANESE HIP HOP MIX Manhattan/LEXINGTON(2017)

毎年恒例のミックス・コンピ最新弾。変態紳士クラブの“WAVY”で始まって、RYKEY~Creepy Nutsという序盤だけでもわかるように、KICK THE CAN CREWやECD×DJ Mitsu the Beats、RHYMESTERらヴェテランから、SUSHIBOYS、踊Foot Worksら新鋭まで、網羅することを優先した作りが潔い全方位ショウケース!

40周年プレイリスト
pagetop