DISC GUIDE

【特集:ZOKKON OF THE YEAR 17to18】BiS、ヤナミュー、エビ中、欅坂46――2017年のベスト・アルバムをプレイバック!

WHOLE LOTTA LOVE 2018
[ 特集 ]ZOKKON OF THE YEAR 17→18
恐るべき地殻変動に揺れつつ、やはり2017年も理屈抜きでいい作品はいっぱいあった!と言いたいし、2018年もきっと楽しいものが楽しいと思っていたい!

 


2017年の必聴アルバムはこれだ!

Party Rockets GT Time of your life Rocket Beats(2017)

ドラスティックな変化を迎えたパティロケ。グループ初期からの曲も再録した本作はGT最初のアルバムであり、結果的にこの5人での最後のアルバムとなりました。スケールの大きい感動的なロッカバラードに仕上げられた表題曲も違う意味を持って響いてきますが……新メンバーを迎えての展開にも期待ですね! *出嶌

 

BiS Re: STUPiD つばさレコード(2017)

この後から急ハンドルを切っていくことになるBiSの、再始動後の2枚目のアルバム。エモーション剥き出しのアンセム“gives”を深く突き刺しつつ、“twisted grunge”など旧BiSとは異なる色合いを帯びた逸曲が並んだ好盤です。とりわけ“ロミオの心臓”に綴られた優しさと心の移ろいが沁みてしょうがない! *出嶌

 

バンドじゃないもん! 完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を♥ ポニーキャニオン(2017)

2度目のメジャー・デビューを経て、2017年は〈PERFECT YEAR〉のスローガンのもと驀進した彼女たち。念願のメジャー初フル・アルバムは、電波系のハイエナジーな楽曲のみならず、可憐なアイドル・ポップからバンド・サウンド、ラップなどなど欲ばり放題の楽しさでした。 *久保田

 

Maison book girl image 徳間ジャパン(2017)

ジワジワ認知度をアップしてリスナー層を広げてきたブクガが、前年のメジャー・デビューから駆け足で辿り着いた充実のフル・アルバム。ここに垣間見えた開放への萌芽は、以降のリリースを重ねる過程でうっすら表面化していくことになります。そんなわけで衝撃的だった年末ワンマンの〈次〉が気になる! *出嶌

 

ヤなことそっとミュート BUBBLE DCG(2017)

BELLRING少女ハートのサウンド制作陣が送り出した4人組のファースト・アルバムは、グランジやシューゲイズなど、オルタナ志向のざらついたアレンジと切ない歌声が入り交じった期待に違わぬ仕上がり。結成から1年を経た2017年はBLITZでのワンマンも敢行し、まだまだ大きくなっていきそうです。 *出嶌

 

私立恵比寿中学 エビクラシー ソニー(2017)

言葉にならないぐらい悲しいニュースで幕を開けた2017年。11曲すべてが新曲で構成された通算4作目のアルバムには、7人のメンバーの熱いものが自然とこれまで以上に溢れ、ファンもそれに打たれた。結果、初のウィークリーNo.1を記録。ぁぃぁぃも転校したけど、歴史はまだ終わらんよ! *久保田

 

uijin stay hungry, stay foooolish 叫び(2017)

〈neo tokyo〉をコンセプトに結成されてから1年足らずで完成させた初のアルバムは、暴れん坊なクォリティーの高さに驚かされるサイバーでアグレッシヴな力作。お口の悪いラップも交えたアッパーな“ten-age”やエモい“コトノハエモーション”などメンバーの詞作も功を奏した充実の内容です。 *出嶌

 

欅坂46 真っ白なものは汚したくなる ソニー(2017)

不動のセンター・平手友梨奈の鬼気迫るパフォーマンスなど、けっこうヘヴィーなアイドルという印象を受けたお茶の間の方も多かったはずのデビュー2年目。このファースト・アルバムに収められた新曲群にも、イマドキっぽい脳天気さはほぼナシ。重ためで秀曲揃いって、他じゃなかなか味わえない。 *久保田