INTERVIEW

【特集:DOG YEAR OF RAP】世界を見据えるネオ東京の先鋭、kiLLaが初フル作『GENESIS』に込めた野心を明かす

【特集:DOG YEAR OF RAP】世界を見据えるネオ東京の先鋭、kiLLaが初フル作『GENESIS』に込めた野心を明かす

次世代のコレクティヴが提示するストリートの現在時刻

興味のあることは何でもやってた

 2010年代初頭、USのヒップホップ・シーンでは、タイラー・ザ・クリエイター率いるOFWGKTAやエイサップ・ロッキーのブレイクによって台頭したエイサップ・モブなど、いわゆる〈クルー〉や〈コレクティヴ〉と呼ばれるヒップホップ集団が注目されるようになった。従来のヒップホップ・グループと違うところは、ひとつのクルー内にラッパー、DJはもちろんのこと、デザイナーやプロデューサーまでもがメンバーとして加わっており、ひとつの大きなクリエイティヴ・チームとして機能している点だ。そして、ここ日本でいまもっともクリエイティヴなヒップホップを体現するクルーこそが、今回、本格的なデビュー・アルバム『GENESIS』を発表するkiLLaである。本誌初登場となるこのインタヴューには、プロデューサーとして制作の要となる役割を担ったDJのNo Flowerが応えてくれた。

kiLLa GENESIS kiLLa/bpm tokyo(2018)

 「メンバーはラッパーが4人で、それぞれYDIZZY、KEPHA、Arjuna、BLAISE。DJは僕とビートメイカーのacuteparanoia、あとはデザイナーのYESBØWY、空間デザイナーでもあるYuki Nakajo、そしてマネージャーのRYOSUKE」。

 渋谷を中心に出会った彼らの付き合いは長い。もともと最初からヒップホップを媒介として出会ったわけではなく、メンバー同士は成長過程において自然発生的に出会っていった。

 「YDIZZYと僕は小学校の頃からの幼馴染みなんです。中学に上がって、年下のArjunaと同じバスケ・チームを組んで、そこに(Arjunaの)弟のBLAISEも入ってきた。そのあと高校でYDIZZYとKEPHAが出会って……というふうにkiLLaが形成されていった。高校を卒業した後も、同じメンツで代々木公園でストリート・バスケをやるようになって」と、結成までの流れは、言うなればありきたりなストリートのキッズのそれだ。一方で、高校卒業と同時に彼らの活動はよりクリエイティヴな方向へと進んでいく。

 「いつの間にかラップをしはじめるメンバーがいて、同じ頃にいまはYENTOWNに所属するkZmが服のブランドを始めたんです。その名前が〈kiLLa〉といって、何でかは覚えてないんですけど、それがそのままクルーの名前になった。ブランドも最初は遊びでやってたんですよね。その頃は、興味のあることは何でも趣味程度でいろいろやってた。スケートしたりバスケしたり、もちろん服や音楽も好きで」。

 2017年、kiLLaの中でも厚い支持を集めるYDIZZYが初のフィジカル作となるアルバム『DIZZiNESS』を発表。プロデューサーのChaki Zuluが全面バックアップしたこの作品は、ストリートを中心に高評価を得ると共に、中国や台湾、東南アジアでのkiLLaの人気も押し広げる結果になった。なかでも中国・四川省の成都で行われたヒップホップ・フェスでは1万人を超える観客の前でパフォーマンスし、その様子はInstagramなどのSNSを通じて発信され、日本以上にアジア圏でも熱烈に支持されているkiLLaの様子をまざまざと見せつけられた。また、YDIZZYはHypebeastやComplexといった海外の人気メディアにも取り上げられるほどの熱気を孕む。

 「海外に行くともっと大きいステージでできたり、扱いもまったく違ったりもする。僕たちのライヴももっとストレートに伝わることがあるし。なので、日本にいるとそのギャップがストレスになることもめっちゃある」。

 

他の奴らとは違う

 本アルバム『GENESIS』はまるで映画のオープニングのように壮大なイントロで幕を開ける。その後に続く“Murasaki”は、〈お前とは違う〉と勢い良く繰り返すフックが印象的だ。これまでにEPを3作リリースしてきたkiLLaだが、そのメッセージは時に排他的でもあり、一貫して〈自分たちの個性的な部分を撒き散らし、セルフ・ボーストすること〉に尽きる。今回のアルバムを通しても、その主張はブレないままだ。〈そこにこだわる理由とは?〉と尋ねると、同じように一貫した答えが返ってきた。

 「リスナーに何も伝わってないんです。だから、俺たちもずっとラップで〈俺たちは他の奴らとは違う〉って、そればっかり言ってる。ライヴでもビデオとかでも、結構、自分たちの理想の反応とは違う反応を(リスナーから)もらうことが多いので。他のトピックを聴きたいって意見もわかるんですけど、まずはそこが伝わって解決しないと、前に進まないから」。

 kiLLaなりのフィロソフィーといったところだろうか。ただ、その自信がkiLLaならではの刹那的なアティチュードに繋がっていることは、誰も否定できないだろう。アルバムには“Like This”“Whole Lotta Gang”など、悪びれずにクルーのボーストに終始する楽曲が多い。「今回のアルバムは、自分たちのタイミングとやり方で、自分たちがやりたいことだけやる、という作品にしたかった」と、意図的な様子を見せた。「周りに合わせるのは簡単だけど、あえてそれはしない」のが、kiLLa流の美学とも言える。

 これまでのEP群でも十分に純度の高いヴァイブスを作品に落とし込んできたkiLLaだが、改めて発表するアルバム作品として意識の違いなどはあった?

 「アルバムを作るとなって、ビートは自分たちだけで完結すると決めて、ちゃんと作品っぽくしなきゃと考えながら作ることに苦労しました」。

 イントロから最後の“Nakama”“Ue Ni Iku”まで、メリハリの効いた個性豊かな楽曲が並ぶ。「去年、IDKのアルバムを聴いて、〈アルバムを通して聴く〉ってことの意味が初めてわかったんです。その楽しさも表現したいなと思って作り上げました。とりあえずビートを作って、ラッパーのメンバーに渡して。ある程度、俺とacuteparanoiaで〈この曲は誰と誰にやってほしい〉ってイメージをつけてみんなに話すんです。あとはラッパーたちが話して、制作を進めてもらう。達成感? めちゃくちゃありますね。タイトルも、みんなで最後の段階で決めたんです」。

 〈創世記〉を表す単語をタイトルに冠した、kiLLaのデビュー・アルバム。渋谷の街から海外へと、自分たちの世界観、そして〈伝えたいこと〉をまっすぐに、かつボーダレスに繋ぐ作品に仕上がっている。個性的なメンバーの実力が発揮されるのは、まさにこれからだ。

 

次ページCDで聴けるkiLLaのディスコグラフィー
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop