2018.02.08

ツアーでボロボロになったメンバーたちがひと休みし、5年ぶりに発表したニュー・アルバム。ダンサブルなビート、ラーガな響き、サーカスを連想させるオルガンなども取り込みながら、サイケ・ブギーやシューゲイザー風の長尺ナンバーを披露し、バンドのイメージをアップデート。ストリングスを配したラストのピアノ・バラードが持つ薄明の美しさに心奪われる。もはや〈ロックンロール〉の一言だけでは語れない。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集