2018.02.09

このセカンド・アルバムを聴き、正直驚いた。前作を上回る初期衝動で攻めていて、よりラウド化した“Tank-top in your heart”は聴く者すべてをなぎ倒さんばかりの破壊力。その一方で、“DANCE ON TANSU”はダンサブルかつファンキーなヤバTらしさ全開だ。そんななか、今作のキモは捻りなしのエモさで真っ向勝負した“気をつけなはれや”“サークルバンドに光を”の2曲。シリアスで泣ける曲も聴かせてくれる。

 

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集