COLUMN

Dizzy Sunfist『DREAMS NEVER END』 メロディック・パンク界の未来を担う注目株が、自身の最高傑作を更新した新作を完成!

Dizzy Sunfist『DREAMS NEVER END』 メロディック・パンク界の未来を担う注目株が、自身の最高傑作を更新した新作を完成!

Dizzy Sunfist
メロディック・パンク界の未来を担う注目株が、自身の最高傑作を更新した新作を完成!

 昨年はHi-STANDARDの最新作のリリース・ツアーで対バンするなど、メキメキと力を蓄えてきた3人組の2作目『DREAMS NEVER END』。これが掛け値なしの最高傑作だ。masasucks(the HIATUS/FULLSCRATCH/J BAND/RADIOTS)をプロデューサーに迎え、プリプロの段階から二人三脚で制作されたた今作を一聴してまず感じたのは、ヘヴィーさが増し、音が太くなったこと。重心が低くなったことで突き抜けるような昂揚感が相対的にアップし、〈メロディック・パンク〉という根幹を強化しつつメンバー各自の表情が透けて見えるような、人間味溢れるプレイも前面に出てきた。笑い声や、もあいのハードコアな叫びは楽曲に良いスパイスをもたらしている。

Dizzy Sunfist DREAMS NEVER END CAFFEINE BOMB(2018)

 また、曲調もこれまで以上にヴァラエティーに富んでいるので、今回はリスナーによって好きな楽曲が分かれるに違いない。個人的にはエッジーなキラー・チューンを畳み掛ける冒頭から3曲目までの流れに悶絶。なかでも切ないメロディーに胸を突き動かされる“Summer Never Ends”は絶品だ。他にもドラマティックな展開で迫る“Into The Future”は新境地と言える楽曲で、大きなライヴ会場でさらに映えそう。加えてホーンと共にスカ~レゲエ調を挿んだ“Paradise”、アコギと歌のみの冒頭から一気に2ビートで駆け出す“Bless You Too”など、聴きどころが多々。リアルな生き様を刻み付けた歌詞も必読だ。

関連アーティスト
pagetop