COLUMN

文京シビックホールの〈夜クラシック2018-2019〉 19時半スタートの極上コンサート・シリーズをご紹介

19時半スタートの極上コンサート・シリーズ

 クラシックのコンサートが行われるのはだいたい平日の夜が多い。だから、仕事がなかなか終わらなくて、夜のコンサートには行けないな、と諦めている方も多いだろう。そんな時に注目したいのが東京・文京シビックホール(春日駅、後楽園駅近く)で開催される〈夜クラシック〉だ。開演時間は、ちょっと余裕のある19時30分から。コンサートの冒頭ではドビュッシーの《月の光》が毎回演奏され、独特の雰囲気を醸し出す。

 現在の日本で活躍する演奏家たちによる極上の室内楽を中心に、トークを交えながら進行する。その2018/19シーズンのシーズンセット券(4公演)が発売になったので、内容をおさらいしておこう。

仲道郁代 ©Kiyotaka Saito        仲道祐子 ©Akira Muto  

 第17回目となるシーズン最初の演奏会は、日本を代表するピアニストである仲道郁代と妹の仲道祐子によるピアノ・デュオ。グリーグ編曲によるモーツァルトのピアノ・ソナタの2台ピアノ用編曲など、なかなか実演では聴けない曲目だ(7月20日)。

  宮田大 ©Daisuke Omori       金子三勇士 ©Ayako Yamamoto 

 次いで、チェロの宮田大とピアノの金子三勇士という魅力的な組み合わせによるコンサート。それぞれのソロもあるし、またポッパーの《ハンガリー狂詩曲》など、チェロの代表作、またハンガリーでも活躍する金子にぴったりの選曲がなされている(9月14日)。

The Rev Saxophone Quartet

 そして気鋭のサックス奏者・上野耕平が率いる“The Rev Saxophone Quartet”(サックス4重奏)によるコンサートでは、エンニオ・モリコーネの映画音楽《ニュー・シネマ・パラダイス・メドレー》をはじめ、デザンクロの《サクソフォン四重奏曲》などが演奏される予定だ(12月6日)。

 山根一仁 ©K.MIURA          北村朋幹 ©TAKUMI JUN 

 最後は2019年になるが、若手のヴァイオリン奏者を代表する山根一仁と鋭い感覚をみせるピアノの北村朋幹という、とても気になるデュオによるコンサート。シマノフスキの《神話》、ブラームスの《ヴァイオリン・ソナタ第3番》など、かなり本格的なクラシック・プログラムとなっている(2019年2月22日)。

 これら4公演をセットにしたチケットが9,000円(S席)というのは、どう考えてもお得なプライス。演奏家それぞれの得意なジャンルの作品が含まれているので、その演奏家のファンという方には絶対に押さえておきたいコンサートだろうし、逆に、その演奏家の名前は知っていたけれど、実演をまだ聴いた事がないという方には、演奏家の魅力を知る最良のガイドとなる。

 クラシックの楽しみ方というのは様々だが、実際の演奏を聴くというのが、その魅力に迫る一番の早道だと思う。とりあえず、この〈夜クラシック〉シリーズを聴けば、日本の演奏家の最前線に触れることも出来るので、オススメしたいシリーズだ。

 


LIVE INFORMATION

夜クラシック 2018-2019シーズン
○7/20(金)出演:仲道郁代(ピアノ)、仲道祐子(ピアノ)
○9/14(金)出演:宮田 大(チェロ)、金子三勇士(ピアノ)
○12/6(木)出演:The Rev Saxophone Quartet(サックス四重奏)・上野耕平・宮越悠貴・都築 惇・田中奏一朗
○2019/2/22(金)出演:山根一仁(ヴァイオリン)北村朋幹(ピアノ)
会場:大ホール 全公演18:45開場 19:30開演

4公演セット券:全席指定S席9,000円  ※S席のみ販売 ※販売は3/31まで
1回券:S席3,000円/A席2,000円 ※各公演の1回券発売日は後日発表します。

bunkyocivichall.jp

プレイリスト
pagetop