INTERVIEW

yahyel『Human』 汚してもなお美しい〈A Human〉のドキュメント

yahyel『Human』 汚してもなお美しい〈A Human〉のドキュメント

汚してもなお美しい〈A Human〉のドキュメント

 個のアイデンティティーを認めようとしない日本という国に対する違和感を、ポスト・ダブステップ/オルタナティヴR&B譲りのダークな曲調で表現し、ディストピアを突き付けたyahyelのファースト・アルバム『Flesh and Blood』は、新たな世代の台頭を強烈に印象付けるものだった。あれから1年以上が経過し、大型フェスへの出演や海外アクトのオープニングなどの経験を経て、2作目『Human』が完成。匿名性が強く打ち出されていた前作に対し、バンドそのものの姿が、もっと言えば、フロントマンであり楽曲の大本を担う池貝峻(ヴォーカル)の姿がはっきりと浮かび上がる作品である。

yahyel Human BEAT(2018)

 「日本の表現の場があまりにエンターテイメント化されすぎていることに一石を投じたかったので、〈日本でもシリアスな音楽表現ができるんだぞ〉っていう、国内/国外双方に対する挑発みたいな気持ちが前作のときはありました。みんな僕らが誰かもわかってないし、自由に怒りをぶつけられる環境があったんですよね。ただ、僕らが匿名性を打ち出したのは、雑音を消すためのフィルターだったにもかかわらず、逆にそこばかりピックアップされて、安易なハッシュタグみたいなものに回収されていった気がして、2017年はホントに辛かったんです。なので、今回のアルバムはそこから1年の感情の流れというか、それをどう乗り越えていったかっていう作品になっていると思います」(池貝)。

 「ガイ(池貝)の歌詞の変化で言うと、『Flesh and Blood』と『Human』っていうタイトルの違いにも表れているように、メタファーをやめて直接的な表現に移行していったと思う。あと一人称が増えたよね。客観的でレトリカルな世界の描写から、より主観的でストレートな内面記述に向かった印象です」(篠田ミル、サンプリング/コーラス)。

 「前回は〈We〉が多かったんですよ。当時は自分のなかの怒りがあたりまえすぎて、みんな持ってるものだと思ってたけど、そうじゃなかったっていう辛さもあった。なので、結局、自分の表現に対しては自分で責任を取らなきゃいけないなって思ったんです」(池貝)。

 

自分たちを定義しなきゃ

 〈I'm a stranger〉という歌い出しで始まる本作の1曲目は、変則的な4つ打ちとアシッドな音像が池貝の混乱した内面を想起させる“Hypnosis”。ミニマルなサウンド・メイキングが際立つ“Nomi”や、魅惑のハイトーン・ヴォイスによるメロディアスな“Rude”など、アルバム前半は基本的に穏やかでありながら、同時に胸のざわつきも感じさせ、内省の時期が強く反映されているように感じられる。

 「最初の頃は普通にヘコんでたんで、ドーターとかをよく聴いてたんですけど、揺れるビートに飽きたのもあって、一時期はひたすらクラブに4つ打ちを聴きに行ってた時期もあったり。でも、XXとかケレラを聴いて、〈本質は歌だな〉って思ったんですよね。僕はもともとトム・ウェイツが大好きだし、ソングライター・タイプが好きで。最近一番ヤバかったのもジュリアン・ベイカーのライヴですし」(池貝)。

 「実際の作り方の変化で言うと、今回はとにかく〈僕たちのなかでの絶対的な解〉を探すことに時間を使いました。ファーストのときはリファレンスのなかから相対的な解を探そうとしていたけど、そうじゃなくて、あくまで自分たちがしっくりくる音を探す。〈汚して、詰める〉っていう作業をギリギリまでやった感じですね」(篠田)。

 アルバム中盤のキー・トラック“Polytheism”には、以前からファンを公言していた韓国のヒップホップ・デュオ、XXXのラッパーであるキム・シムヤが参加。ヴォーカル・エフェクトを用いた池貝の歌とキムのラップが鮮やかな対比を生んでいる。

 「アルバムのコンセプトとして、〈仏教感があるものを作りたい〉っていうのもあったんです。去年はマジ辛かったんで、輪廻を一周させたくて(笑)。あと自分たちの素性を隠すことでこんなに誤解されるなら、ちゃんと自分たちを定義しなきゃって思ったときに、〈クール・ジャパン〉とか〈サムライ〉みたいに表層的なステレオタイプじゃなくて、〈日本人ってこう考えがちだよね〉っていう、インナーの精神面のほうがアイデンティティーを打ち出せるとも思って。“Polytheism”はその仏教感が一番出てる曲だと思うんですけど、トラックに合う〈仏教フロウ〉が出来たんですよ(笑)」(池貝)。

 「チベットのお坊さんのチャントっぽいよね。で、〈フロウ〉って観点で見たら、これにキム・シムヤを入れたらおもしろいんじゃないかなって。汎東アジア的な感じも出るっていうか、日本だけじゃないカラーがあるのもいいなって」(篠田)。

 

嘘のないドキュメント

 〈曲の最後に向けて世界が崩壊していく様子〉を描いた“Iron”に続いては、反復を基調としたシンプルな構成ながら、作り込まれた音像と4つ打ちの昂揚感が〈再生〉のイメージを印象付ける本作のベスト・トラック“Pale”へ。近年は宇多田ヒカル、米津玄師、Suchmosの作品にも関わるなど、活躍の幅を広げている映像担当の山田健人による“Iron”と“Pale”のMVは、共に〈輪廻転生〉を感じさせるもので、作品の世界観をより強固なものにしているのも見逃せない。

 「“Pale”はかなり苦しんだ曲で、〈汚す〉っていう作業を一番した曲かもしれない。最初は音像的にもわかりやすいアンセム感のある曲だったんですけど、〈これだったら俺らが作んなくてもいいな〉って話になって、そこからひとつひとつのレイヤーをどう汚すのかって、1~2か月かけて作業して。ミックスの段階でもレイヤーを足したり、そのときできることを突き詰めて、ようやく辿り着いた感じです」(篠田)。

 「曲の作り方もそうですけど、〈自分の意志で選び取る〉ということがテーマになってるんです。そう思えたのはXXの影響が大きくて、バンドがある意味ブランドになって、自分たちの手からちょっと離れても、自身を見失うことなく、意図を持ってオープンになったことをポジティヴに話してるのを見て、自分はラッキーな立場にいるんだなって気付かされたんですよね。それまでは前に出て勘違いされるのが嫌だったけど、物事を発信できる立ち位置を与えられたのなら、ちゃんと自分で責任を持たないとなって。結局、今年1年はステージ側の人たちに励まされてきたんです」(池貝)。

 アルバムのラストを飾るのは、生身の人間が楽器を弾いている感触が伝わる本作のなかでも異色のナンバー“Lover”。この曲には、今回の制作を経て彼らが辿り着いた結論が明確に刻まれている。

 「〈バンドとしてこれからどう進んでいくか〉っていう話を信頼できるスタイリストさんとしてたときに、〈結局、やるしかなくね?〉って言われたんです(笑)。誰も救ってはくれないけど、そういう話ができる人たちに対して、愛情を持って向き合うしかない。〈何を捨てて、何を愛するかを決めろ〉っていう、それが唯一の解決策だし、それって人間っぽいなって。最後の歌詞は〈Stand in the moonlight/Be a lover〉なんですけど、結局自分の足でちゃんと立って、愛するしかないんだなって。このアルバムはホントにドキュメントで、嘘はないです。僕らそんなに器用じゃないし、教訓じみたことを言いたいわけでもなく、〈僕はこう思った〉っていう、〈A Human〉のドキュメントなんですよ」(池貝)。

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop