COLUMN

平井堅 『Ken's Bar III』(2)

今宵もすっかり酔わされて──〈妄想〉をチェイサーに『Ken's Bar III』を嗜む……

平井堅 gaining through losing DefSTAR(2001)

平井堅 “even if”
店の重たい扉を開けば、いつものあの曲が聴こえる。1杯目を何にするか考えつつ、小粋なピアノに耳を傾けると……弾いてるのは、いまやNYジャズマンとして活躍する大江千里! 今宵は〈REAL〉な〈ロマンス〉が期待できそうだ。

 

 

福山雅治 HUMAN ユニバーサル(2014)

福山雅治 “家族になろうよ”
まずは、辛口でキレ味のある〈スーパードライ〉で乾いたノドを潤す。BGMはピアノ・アレンジで、さらにロマンティックに生まれ変わった福山雅治のヒット曲。〈家族になろうよ〉と声に出してみたが、隣の席には誰もいなかった……。

 

 

長渕剛 逆流 ユニバーサル(1979)

長渕剛 “順子”
続いて日本酒ベースの〈サムライロック〉をオーダー……したつもりが、なんかやけに甘い。そういや“順子”の頃の長渕は、女々しい男心を歌ってくれてたな、と、かき鳴らさない系のアコギと優しい歌声を聴きつつ独りごちる。

 

 

 

BOZ SCAGGS Silk Degrees Columbia(1976)

BOZ SCAGGS “We're All Alone”
店の音楽はボズ・スキャッグスの代表曲に。なんでもマスターがその昔、オールディーズ・クラブのバイトで歌ってた頃のレパートリーだったそう。ピアノと歌だけのシンプルなアレンジは、〈ジンリッキー〉のように素材の良さで酔わせる。

 

 

サザンオールスターズ 10ナンバーズ・からっと ビクター(1979)

サザンオールスターズ “いとしのエリー”
このバーではお馴染みとなっていう桑田メロディー。今回はついに、日本が誇るスタンダードカヴァー。ジャズ・ギターと共にしっとり聴かせる歌唱は、レイやクレイにも迫るクォリティー。ここはやはり、サントリーホワイトのロックで。

【参考動画】サザンオールスターズの2013年作『ピースとハイライト』収録曲“蛍”

 

 

JANIS IAN Aftertones Columbia(1976)

JANIS IAN “Love Is Blind”
ジャニス・イアンの名曲を、亀田誠治のベースだけをバックに歌い上げる──。ドライでビター、それでいて甘酸っぱさも残る味わいは、ジン・ベースにブランデーやオレンジ・キュラソーから作る〈ジン・ブラインド〉のよう。

 

 

 

JAMIROQUAI Travelling Without Moving Work(1996)

 JAMIROQUAI “Virtual Insanity”
ウッドベースローズピアノの音色が印象的なジャズ・コンボによるアレンジはURUによるもので、ジャミロクワイの代表曲がスモーキーに香り立つ。ジンとスコッチだけで作る〈スモーキーマティーニ〉のコク深い味わいがよく似合う。

 

 

財津和夫 財津和夫ワークス~40周年を記念して~ ビクター(2012)

財津和夫 “切手のないおくりもの
大橋トリオのプロデュースで、BLACK BOTTOM BRASS BAND武嶋聡ら腕利きのホーン隊が参加し、ゴキゲンなセカンドライン・ファンクに生まれ変わった、財津ナンバー。ここはもちろん、ニューオーリンズ生まれのカクテル〈ハリケーン〉を。

 
【参考動画】平井堅『Ken's Bar III』に収録されている財津和夫“切手のないおくりもの”のカヴァー“

 

 

ブラックビスケッツ LIFE ARIOLA JAPAN(1999)

ブラックビスケッツ “タイミング”
押尾コータローのスパニッシュ・ギターに乗せて歌うは、なんと〈ブラビ〉のヒット曲。これが意外なハマり具合。あの頃のビビアン・スー可愛かったなあ……なんて思い出しつつ、〈スカーレット・オハラ〉を一杯(それはスーじゃなくてリー!)。

 

 

 

かまやつひろしゴールデン☆ベスト〈決定版〉 ユニバーサル(2013)

かまやつひろし “やつらの足音のバラード
TVアニメ「はじめ人間ギャートルズ」のエンディング曲を、ストリングスのみのアレンジでカヴァー。地平線に沈む夕陽や恐竜の鳴き声も弦のみで表現。ウォッカ・ベースの〈ジー・ストリング〉を味わっているうちに、そろそろ終電の足音も聞こえてきた……。

 

 

ROBERTA FLACK Killing Me Softly Atlantic(1973)

ROBERTA FLACK “Killing Me Softly With His Song
終電間際、素敵な女性が店のドアを開けて入ってきた。そしてなんと、あのロバータ・フラックとマスターが〈やさしく歌って〉を共演。こんな素敵なデュエットが聴けるなんて。もう、このまま死んでもいい……マスター、バーボンもう一杯!

 

 

FRANK SINATRA My Way Reprise(1969)

 FRANK SINATRA “My Way
〈お客さん、そろそろ終電だよ〉──肩を揺すられ目が覚めると、美しいピアノと透明感のある歌声が、ミネラルウォーターのように身体に染み渡る。“My Way”を聴きながら、ふと佇み、私は振り返る──今夜は完全に飲みすぎた……。

 

タグ
pagetop