2018.03.12

トルコのヴェテラン・ギタリストによる珍奇なサイケ・ファンク・ロック盤。手数多めなドラムス、グルーヴをグイグイと牽引するベース、ツボを押さえたエレピが織り成す70年代クロスオーヴァーな感じのソリッドかつタイトなリズム・アンサンブルだけでもクールでクソ格好良いです。で、さらにその上で主役のエレクトリック・ギターが独特のエスニックなフレーズを炸裂させまくり、興奮&悶絶必至!

関連アーティスト
GR'18