2018.03.13

エクセプショナルからカウンターを経て自主レーベルに移行、この5枚目のアルバムでもルビー・ウッドの麗しい歌唱と生音の重厚なアレンジによって広がりを纏った音空間の心地良さは変わらない。もはやポスト・ダブステップ的な趣味の良さもアンビエントな意匠も平凡に思えるようになった時代だけに、往年のマッシヴ・アタックを思わせるダビーで圧の強い音像とクラシカルな演奏面の成熟ぶりが却って効果的に響いてくる。

関連アーティスト
GR'18