COLUMN

シカーダのひそやかな室内楽はなぜ強烈に心動かすのか? 来日目前、最新作『White Forest』の魅力に迫る

シカーダのひそやかな室内楽はなぜ強烈に心動かすのか? 来日目前、最新作『White Forest』の魅力に迫る

台湾の室内楽アンサンブル、シカーダ(Cicada)が昨年11月にリリースした最新アルバム『White Forest』を引っさげて4月に再来日を果たす。今回のツアーは全国4都市を周遊。4月12日(木)福岡papparayrayを皮切りに、13日(金)北九州 小倉城庭園、14 日(土)東京VACANT、15日(日)大阪 天満教会にて公演を行う。作曲とピアノを担当する江致潔を中心とした5名によって結成され、2010年にオーラヴル・アルナルズのライヴのオープニング・アクトとしてデビュー。以来、ポスト・クラシカル・シーンに新風を吹き込む存在として注目を集め、2016年の初来日公演でも成功を収めた。

Photo by Ryo Mitamura
 

ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、アコースティック・ギターという編成で、エレクトロニクスを使わず、アコースティック楽器からさまざまな響きを生み出す彼らの音楽は、ミニマルやポスト・クラシカル、ニューエイジだけでなく、ポストロックや音響系の世界観とも共鳴する。聴く人のバックグラウンドによって、変幻自在にその印象を変えるサウンドスケープと言えるかもしれない。

2011年作『Pieces』収録曲“Lake's End”
 

シカーダの創作活動において大きなテーマとなっているのが〈自然〉である。沖縄の南西に位置する台湾周辺の海は、イルカやクジラの生息地としても知られる大自然の宝庫。そんな台湾の海をテーマとしたアルバム2作をコンパイルした『Ocean』(2015年)をリリースして以降、彼らは映画のサウンドトラックやフェスティヴァルへの出演などへと活動の場を広げてきた。それに続くのが、今作『White Forest』。アルバム・タイトルは海底に広がる白い森――すなわち白化した珊瑚礁を連想させる。

CICADA White Forest flau(2017)

クラシック音楽では、歴史上さまざまな作曲家たちが自然からインスピレーションを得て作品を生み出してきた。バロック後期のヴィヴァルディによる協奏曲集『四季』(1723年)、ロマン派・国民楽派のスメタナによる交響詩集『わが祖国』(1882年)より「モルダウ」、近代ではドビュッシーの交響的詩「海」(1905年)など枚挙に暇がない。

そして現在においても、マックス・リヒターは『四季』をリコンポーズし、ルドヴィコ・エイナウディは土・水・空気・火の四大元素(エレメンツ)をモチーフにし、オーラヴル・アルナルズは大自然の広がる故郷アイスランドの各地を旅しながら楽曲を制作している。20世紀半ばから若者の心を掴んできたロックやポップスが〈人間の感情〉を歌う音楽であったのに対し、21世紀にふたたび〈自然〉をテーマとした音楽が新しい世代の関心を集めている現象には考えさせられるものがある。

オーラヴル・アルナルズの2016年作『Islands』収録曲“Doria”
 

さて、話を『White Forest』に戻そう。ミニマリスティックなピアノで幕を開ける1曲目の“Dolphins Leap”は、広い海を波を切って進んでいくイルカの群れが目に浮かんでくるような曲。続く“Fly”は、そのイルカたちと並んで空を飛ぶカモメの視点になった曲だろうか。どちらも、各楽器の持つ特性と音響効果が最大限に活かされた楽曲構成となっている。太陽の光を反射してキラキラと輝く海面や、イルカのジャンプとともに上がる水しぶきの煌めきは、ピアノ高音部のアルペジオや細かいパッセージで表現。一方で、水平線に向かって泳ぐイルカたちの悠然とした様子はストリングスによる息の長いフレーズで。ギターのストロークが推進力となり、ドラマティックに展開しながら前へと進んでいく。

3曲目の“White Forest”は、アルバムのタイトル・トラックだけあって白眉。冒頭から繰り返されるピアノは下から上昇していくパッセージ、そこに上から下降してくるギターのパッセージが重なり、ストリングスがゆったりとメロディーを奏でる。異なる動きをする三者が絶妙に絡み合い、もう息をすることのない珊瑚からなる白い森の、切なくも美しい光景を描き出す。

暗いチェロのソロに始まる4曲目の“Used To Be Home”からアルバムの曲調は一変する。もがき苦しむようなチェロのあとに、ヴィオラ、ヴァイオリンの重苦しいソロが続く。昔の記憶をたぐり寄せるようなピアノ、失われてしまった今を嘆き悲しむストリングス。最後に、かつて故郷だった場所の夢のように美しい風景が呼び覚まされ、突如として途切れる。続く“Swimming In The Plastic Ocean”ではタイトルの通り、環境破壊が海の生物にもたらす苦しみを訴えるメッセージが明確に打ち出されている。

アルバム終盤、6曲目の“Whale Family”でふたたび世界に光が戻る。穏やかな海でのんびりとくつろぐクジラの親子。やがて彼らは泳ぐスピードを上げ、次なる目的地へと向かって旅立っていく。私たちはこの先、彼らが安心して暮らせる海を守ることができるだろうか? アルバムの最後に置かれた“The Stray Cat In Zhuwei”は、海から陸に上がって、街の野良猫を描いた曲。生きとし生けるものへの暖かな眼差しは、大洋のクジラにも街角の猫にも等しく注がれる。

ここまでお読みいただけば、『White Forest』はかなり具体的なストーリーとメッセージを持ったアルバムであることがおわかりになるだろう。しかし同時に、歌詞を持たないインストゥルメンタル・ミュージックは、聴きながらなにをイメージするかということが、完全に聴き手に委ねられている音楽でもある。この音楽を聴いて、美しい海とイルカではなく、自分にとってもっとも幸福だった思い出、または深く傷ついた悲しみを思い起こす人もいることだろう。それほどまでにシカーダの音楽は聴き手の感情を揺さぶり、自分でも忘れていたような心象風景をも浮かび上がらせる。

この4月、彼らは私たちにどんな音楽を届けてくれるだろうか。シーケンサーなどを使わず、5人の楽器だけで繰り広げられるライヴは、その日の感情、その場の空気によって変容する一期一会の音楽。互いに目を合わせ、ともに呼吸をしながら、ときに大きく揺らぎ、うねり、高まっていく――。ひそやかな室内楽から生み出される壮大でエモーショナルな響きに、身も心も委ねてみてはいかがだろう。

 
Photo by 泡麵

 


Live Informatin
〈Cicada Japan Tour 2018〉

4月12日(木)福岡 papparayray(福岡市中央区赤坂 2-2-22)
開場 19:00 / 開演 20:00
予約 : 4,000円 / 当日 : 4,500円(※ 共に1ドリンク別途、全席自由、60名様限定)
予約方法 :
オンライン予約(24h) : http://republik.jp/reservation
メール予約 (24h) : reservation@republik.jp
電話予約 : パッパライライ 092-406-9361(受付時間:11:30 – 18:00、木・金 休)
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。
★公演詳細はこちら

4月13日(金)北九州・小倉城庭園(北九州市小倉北区城内1-2)
開場 19:00 / 開演 19:10
予約/当日:4,000円
予約:氏名/連絡先/枚数を記入の上件名に、Cicada北九州公演と記載の上 yoyaku@spital.jpまで、メールを送付してください。
返信をもって予約の確定とさせて頂きます。
企画:SPITAL

4月14日(土) 東京・VACANT(渋谷区神宮前3-20-13-2F)
開場 17:00 / 開演 17:30
予約 4,000円 当日 4,500円(共に1D別途)
共演:Gutevolk、marucoporoporo、角銅真実
予約:メール予約 氏名、人数、枚数を記入の上、foundlandjp@gmail.comまで
企画:FOUNDLAND
★公演詳細はこちら

4月15日(日)大阪・天満教会(大阪市北区天神西町4-15)
時間:18:30 開場 / 19:00 開演
予約:4,000円 / 当日:4,500円(全席自由)
音響:sonihouse
予約方法 : オンラインチケットサービス「Livepocket」からお申込みください。 https://t.livepocket.jp/e/cicada_osaka
企画:resonance music
★公演詳細はこちら

関連アーティスト