2018.04.06

次代のエレクトロニック・アクトとして賞賛されたデビューから4年。さらなる進化を遂げたこのセカンド・アルバムは鳩尾あたりにズッシリくる衝撃。深いアンビエンス、テクノの刺激臭がジワジワと効いてくる。このわかりづらい新しさは何だろう。ミニマルを求道しつつ、OPNやアクトレスのような実験性もあり、時にはドローンで弛緩したりもする。中毒性のあるダークネスに、次どこに行くかわからない期待感があって危険。

 

関連アーティスト