2018.04.12

REOL名義のユニットからソロで再出発したシンガーのファースト・ミニ・アルバムは、ユニット時代の“エンドレスライン”に詞世界の通じる“エンド”で開幕。同曲を手掛けたミトやNARASAKI、ギタリストの瀬垣啓がアレンジに携わることでロック色が強くなり、より陰影が濃くなった情熱的な歌声で楽曲という〈虚構〉の中に本音を織り込んでいく。盟友ギガとのアーバン路線な2曲を含め、新たな決意を感じさせる一枚。

関連アーティスト