2018.04.16

戦極からの次なる刺客は親不孝通りを根城とするMCのソロ初作。バトルでも実績を残して注目を浴びるなか、ここではバトル然とした楽曲にこだわらず、落ち着き払ったハスキーな声質で類稀なライム・デリヴァリーを披露している。LA帰りの空気感を再現しているようなビートメイカーのNARISKが全曲を手掛け、奥行きのあるシンプルかつメロウなビートで後押し。エレピの旋律で引き込むような“Black Moon II”が白眉。

関連アーティスト
pagetop