2018.04.19

ニンジャ・チューン時代を覚えている方は懐かしいと思われるかもしれませんが、スタイルを変えずに息長くがんばっています。なので、この新作でもトレードマークのブレイクビーツは健在。ファンキーに攻めるヒップホップ・チューンや70年代風ファンク、女性ヴォーカルを配したレトロなソウルなど得意なことをやり切っていて清々しさすら感じます。何周かしているシーンにブレイクビーツの復権はあるのか、ないのか。

関連アーティスト