SERIES

【Pop Style Now】ジャネール・モネイやドレイクなど今週必聴の5曲をキュレーション! 海外シーンの最新情報も紹介

2018年4月6日~12日

海外シーンの最新情報

田中「まずは、USカリフォルニアで開催されている人気フェス〈コーチェラ〉が今週末から開催されますね。例年通りYouTube上でのライヴ・ストリーミングもありで、公式チャンネルはこちら。スケジュールも確認できます。個人的には、DRAMをフィーチャーした新曲が良かったクロメオが楽しみ。あと、〈インディー・バンドの存在感がなくなった〉と言われるラインナップのなか、フィドラーにパンク!なライヴで盛り上げてほしいです。それにしても、ウィークエンドやビヨンセ、ミーゴスらビッグ・アクトのライヴが日本から生中継で観られるなんて……」

天野「ミーゴスといえば、先週のPSNでもご紹介したカーディ・Bがご懐妊です! おめでとう、カーディ!! オフセットとの結婚はいつになるのかなー」

田中「同じく先週のPSNで取り上げたリゾを招いてのツアー〈Sister Sister Sister〉を開催中のハイムのライヴも〈コーチェラ〉生配信されますね。シアトルの公演では、2組でブランディー&モニカの90年代R&Bクラシック“Boy Is Mine”をカヴァーしたそう。しかもお客さんの女性をステージに上げて、歌詞を〈Girl Is Mine〉と変えて披露したみたい。ツアー名に恥じないパフォーマンス。これはあがりますね~」

天野「あと、カマシ・ワシントンのライヴ配信も楽しみです。昨年のEP『Harmony Of Difference』も最高でしたが、先日ついに新作『Heaven And Earth』のリリースがアナウンス! 新曲2曲も公開されましたが、特に“Fists Of Fury”は良いですね。6月22日(金)リリース」

田中「ビッグな新曲といえば、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングが、新バンドのロングショットとして楽曲を初公開。一気に3曲を聴けるようになりました。ゴキゲンなパワー・ポップです!」

天野「そして、ヤング・サグがニューEP『Hear No Evil』を本日サプライズ・リリース! 2017年の前作、『Beautiful Thugger Girls』のへんてこなサウンドには度肝を抜かれましたが、今回はストレートなトラップ路線ですね。

それと、5月の来日も決まっている人騒がせなラッパー、シックスナイン(6ix9ine)のミックステープに新曲“GOTTI”を追加した『Day69: Graduation Day』もリリースされました。彼は今年中に引退するとか……?」

天野「さて、今週も訃報をお伝えすることになりましたが、フリー・ジャズの巨匠であるピアニストのセシル・テイラーが89歳で亡くなりました。66年の『Unit Structures』は僕にとって永遠のクラシックです。RIP」

田中「合掌。それを受けて紹介すると、アーケード・ファイアがダブリンでのライヴで、同地を代表するミュージシャンであり、今年の1月に逝去したドロレス・オリオーダンへの追悼の意を込めて、彼女が率いていたバンド、クランベリーズの“Linger”をカヴァーしたという報も。さらにアーケード・ファイアは、ロンドンのライヴではクリッシー・ハインドを招いてプリテンダーズの”Don't Get Me Wrong“、さらにジャーヴィス・コッカーと共に彼の楽曲“Cunts Are Still Running The World”を演奏したそう。これは間違いなく盛り上がりますね」

天野「最後に、アルカが公開した11分弱のクィアなビデオ作品『Fetische』を紹介。〈新しいマテリアルとエディット〉が聴けます。ミックステープみたいな感じ?」

タグ