EVENT & LIVE REPORT

元赤い公園チアキ、初ワンマンは〈くそ最高鬼最高最the高〉

元赤い公園チアキ、初ワンマンは〈くそ最高鬼最高最the高〉

昨年8月末をもって赤い公園を脱退し、ソロ・アーティストとしての活動をスタートさせたチアキが、4/12(木)に東京・表参道Future SEVENにて初のワンマンライヴ〈チアキ ファーストワンマンライブ〜ちーちゃんって今何してんの?〜〉を開催。チケットは完売し、ディズニー・ソングが流れる会場は満員のファンで埋め尽くされた。そんな中、映画「リトル・マーメーイド」の楽曲“アンダー・ザ・シー”に合わせてチアキが登場。マイクを通さずに〈ただいま!〉と笑顔で呼びかけると、以前のライヴで〈作曲をするようになると全然周りが見えなくなって、そばにいる大事な人や家族に対して申し訳ないと思った時に作った〉と語ったバラード曲“生活”からライヴをスタートさせた。

 

〈改めまして、チアキです〉と挨拶した彼女は〈何億光年ぶりに顔のパックしましたよ〉〈一番最初に言っておきますけど、20曲とかやりませんからね。某バンドがやったらしいですけど、バケモンだなと思って〉と話すと、場内は笑顔に包まれた。その後、彼女は〈私のことをLINEでブロックしてるけど大切な弟に書いた〉というバラード曲“にんじん”や〈ソロになって初めて作った曲〉で以前は“少し日に焼けたキミへ”というタイトルで披露されていたラヴソング“ボーイ&ガール”を披露。その後も、曲間のトーク時間もたっぷりと確保し、赤い公園を脱退したあとに牛のお産を見学しに行った話や、収入源を求めて仮歌のバイトのオーディションに参加したエピソードなどを明かすと、会場は再び笑い声に包まれた。

 

〈最近結婚して遠方に嫁いで行った友達にプレゼントした〉という“ともだち”を披露する際にはチアキの親友でもある蒼山幸子(ねごと)を特別ゲストとして呼び込むと、観客からは驚きの声が。蒼山が〈大好きなチアキちゃんの晴れ舞台だからね〉と言うとチアキも照れながらも素直に〈私も大好き〉と返し、蒼山のピアノ伴奏で伸び伸びと歌い上げた。

 

蒼山を送り出したチアキは続いて〈将来の夢はディズニープリンセスなので(笑)、そのアピールも兼ねてディズニーの曲を1曲やります〉と語り、映画「塔の上のラプンツェル」の楽曲“自由への扉”をカバー。さらに、アコースティックギターの弾き語りで〈私のままで生きていく〉という決意を込めた楽曲“癖”を披露。ギターを荒々しくかき鳴らし、前編の〈弾き語りの部〉は終了する。

 

チアキお得意の倖田來未や中島美嘉、アンパンマンのモノマネや、祖母の勧めで本ライブに向けてサポート・メンバーを集める様子をコミカルに描いた映像を挟み、後編は松田ナオト(Manhole New World、ベース/バンマス)、吉田卓史(GOOD BYE APRIL、ギター)、冨田洋之進 (Omoinotake、ドラムス)、赤松憲(溺れたエビ!、キーボード)、ぬましょう(Manhole New World、パーカッション)という次世代のシティー・ポップ/ニューミュージック・シーンから集結した5人編成の〈チアキバンド〉を従えて再登場。

これまでにも弾き語りでは披露されていたものの、オシャレコード満載&オシャレ展開で生まれ変わった“ブルーベリーナイト”、〈君みたいな曲が書きたい〉と想いをつづった疾走ロック“向かい風”で観客の体を心地よく揺らしたチアキ。時にはステージからフロアに降り立ち、観客のド真ん中で声高らかに歌い上げることも。

 

〈やっぱりヴォーカリストにロマンを感じる。ヴォーカリストに夢を感じる。めっちゃヴォーカリストになりたい!!〉と宣言した後は、バンド・メンバーとのボケ・ツッコミの応酬も。何度も観客に笑顔を振りまいた彼女はラスト・ナンバー“明日になったら”を伸びやかに歌い上げ、バンド・メンバーによるソロ回しも披露。あふれかえるほどの拍手を背に、笑顔でステージを後にした。

アンコールでは、サプライズ・ゲストとして〈この1曲だけのために新潟から来た〉というTOCが登場。彼のソロ初のメジャー・アルバム『SHOWCASE』収録曲で、チアキにとってはソロ転向後最初に参加した楽曲“Start Up feat.チアキ”を二人でパフォーマンス。観客全員がハンズアップするなど大いに盛り上がった。

 

新たな一歩を踏み出し、私らしい道を歩いていく決意を込めた楽曲を歌い終えたチアキは、〈これから先もっといっぱい大変なことがあると思うけど、自分を信じてやっていきたい〉と意気込みを語り、観客に向けて〈最後にみんなで円陣を組んで、それぞれが大声で自分の願いを叫ぼう〉と提案。〈結婚したい!〉〈お金が欲しい!〉などの声が上がる中で、円陣の中心にいるチアキは〈最高のヴォーカリストになりたーい!!!〉と絶叫、初のソロワンマンを締めくくった。

 

キーボードにアコギの弾き語り、親交あるアーティストとのコラボ、そしてバンド・スタイルと様々なスタイルで観客を楽しませ、トークでも観客を笑顔にした90分のステージ。ライヴ後の感想を尋ねられると彼女は〈くそ最高鬼最高最the高〉と語り、彼女流の言葉で初ワンマン・ライヴ成功の喜びを表現した。

 


〈チアキ ファーストワンマンライブ〜ちーちゃんって今何してんの?〜〉
2018年4月12日(木)東京・表参道Future SEVEN
セットリスト

1. 生活
2. にんじん
3. ボーイ&ガール
4. ともだち スペシャル・ゲスト:蒼山幸子(ねごと)
5. 自由への扉
6. 癖
7. ブルーベリーナイト
8. 向かい風
9. 明日になったら
~Encore~
10. Start Up feat.チアキ スペシャル・ゲスト:TOC

 

関連アーティスト
pagetop