COLUMN

新作『Golden』でカントリーEDMを纏ったカイリー・ミノーグ。常に流行の音とダンスしてきた彼女の軌跡を振り返ろう

【PEOPLE TREE】 KYLIE MINOGUE

 

彼女が恋の喜びを歌うだけで、彼女が微笑むだけで、彼女がステップを踏むだけで、一瞬にして世界は明るくなる。カイリー・ミノーグ――。歌手デビューから30年、アフロディーテはさらなる輝きを求め、今日もトレンドの音とダンスする。そのゴールデン・エイジに終わりはない……

 

カントリーという新たな選択

 ヨーロピアンな美学を貫いてきたカイリー・ミノーグがカントリー化?――まるで水と油のようなこの組み合わせに驚き、〈迷走中なのか?〉と危惧したファンも少なくないだろう。ところが、ニュー・アルバム『Golden』に耳を傾けると、これが意外なほどカイリーらしい純正ポップ作品に仕上がっている。確かにカントリー要素が全面的に強調されているのだけれど、どこを取っても彼女らしさが全開なのだ。

KYLIE MINOGUE Golden Darenote/BMG Rights/ワーナー(2018)

 

初めてのナッシュヴィル

 そもそもカイリーが〈カントリーをやってみよう〉と考えたのは、古くから信頼を寄せるレーベル関係者の勧めもあったというが、それ以上に自身の置かれていた状況が大きく影響している模様だ。2015年から交際し、婚約もしていた英国人俳優のジョシュア・サスと2017年初頭に破局。心底落ち込み、絶望に暮れていた時、新作に向けた準備が始まっている。歌手デビュー30周年を迎えるにあたってレコード会社やマネージメントを移籍したものの、作品の方向性どころか人生の行き先すら見えないなか、彼女はそれまで一度も訪れたことのなかったナッシュヴィル行きを決意。カントリーの聖地へ赴いて優れたソングライターたちとじっくり膝を交え、曲作りの段階から本作に関わっている。アメリカ南部というパパラッチもいない落ち着いた環境に癒しを求めたのかもしれないし、作業に没頭することで未練を断ち切りたかったのかもしれない。ともかく、いまふたたび活力を得て輝きを取り戻したカイリーが、ここに帰ってきた。

 ただし、カントリーに向かったからといって、彼女らしさがなくならないあたり、流石は永遠のポップスターである。これまでに培ってきた洗練性が見事に融合。こんなにオシャレなカントリーは、おそらくこの人以外には出来ないんじゃないかと思わせる。そう、モダンな感性でかのジャンルを消化した、煌びやかな楽曲が並んでいるのだ。

 例えば先行カット“Dancing”は、『1989』までのテイラー・スウィフト作品に深く関与してきたネイサン・チャップマンと、キャリー・アンダーウッドやキース・アーバンらに曲を提供するスティーヴ・マキューアンと、彼女とで共作。ラインダンスを用いたグリッターなMVも楽しい同曲は、もはや〈カントリーEDM〉と呼べそうな仕上がりで、アヴィーチー“Wake Me Up”(2013年)以降の流れを汲み、ノスタルジックな郷愁と同時にフューチャリスティックな体験を味わわせてくれる。〈カントリー×EDM〉の成功例と言うと、最近でもゼッドとグレイがマレン・モリスと組んだ“The Middle”(2018年)や、アレッソとヘイリー・スタインフェルドがフロリダ・ジョージア・ラインと共演した“Let Me Go”(2017年)などが挙げられ、トレンドとしてまだまだ有効。チェインスモーカーズも最新作『Memories...Do Not Open』(2017年)でそれっぽい試みをしていたし、サム・フェルトがジョシュア・ラディンの“High And Low”をトロピカル風に刷新したのも記憶に新しい。

 そういった同時代の音にカイリーが敏感なのは、何もいまに始まった話ではない。が、それでもやはりアンテナ感度の高さには改めて恐れ入るばかり。そう言えば“Dancing”のプロデュースを担当したサム・アダムスは、ザック・エイベルのデビュー・アルバム『Only When We're Naked』(2017年)で注目を浴びたアフリカ系ドイツ人クリエイター。新進の才能だ。カイリーはアルバム収録曲の約半数を彼に委ねていて、サムへの絶大な信頼を窺わせると同時に、その大胆な決断力にも頭が下がる。

 

私たちはいつもゴールデン

 “Dancing”以外の曲に関しても、アメリカーナ的なフレイヴァーが散りばめられているものの、決して説教じみたり、ジメジメ重苦しくならないのは、彼女流のポップソングに対する強いこだわりがあってのことだろう。アルバム全体を彩るアコースティック・ギターやバンジョー、ぺダル・スティールといった生楽器の音色が何とも軽やかで華やか。いつものカイリーのゴージャスなエレクトロニック系とはひと味違う、活き活きした快活なサウンドがカラフルに弾けている。

 表題曲“Golden”には、こちらもテイラー・スウィフトの初期コラボレーターであるリズ・ローズが共作者としてサポート。ヒルビリーなムードを湛えたこのナンバーのなかで、カイリーは〈私たちはゴールデン、星のように燃えている/黄金の輝きをいつまでも決して諦めない/それが私たちの声/叩きのめされたらまた立ち上がる〉と自信に満ちた美声を響き渡らせる。これをアルバムのタイトルに持ってきた理由について、本人はこう説明している。

 「私たちは、他の何者にもなれない。いまの自分より若くも年上にもなれない。私たちは私たちの年齢でしかいられない。それが〈私たちはゴールデン〉という意味よ。アルバムのタイトルは、そういったすべてを反映しているの。すべての人が皆それぞれゴールデンであり、自分の道を明るく照らしている――そういう考え方が私はとっても好き。人生を歩んでいる限り、私たちはいつもゴールデンなのよ」。

 2016年末、カイリーはLAのハリウッド・ボウルでドリー・パートンのライヴを初めて鑑賞したという。目から鱗な体験だったそうで、そんな刺激をいまも素直に受けられているのだから素晴らしい。今年5月には50歳を迎えるが、決してチャレンジの手綱を緩めないどころか、心機一転気分に溢れる彼女。今後もこのカントリー路線を続けるのかどうかは不明ながら、カイリーのコレクションにまたひとつ新たな魅力が付け加わったのは間違いない。こんなステキなイメチェンなら大いに歓迎だ。 *村上ひさし

関連盤を紹介。

 

『Golden』に客演したジャック・セイヴォレッティの2017年作『Songs From Different Times』(De Angelis)

 

次ページ彼女を愛さずにはいられない理由
タグ