2018.05.17

従来のローファイなサイケ・サウンドにファンクとガレージ要素を加え、新章の幕開けを印象付ける4枚目のアルバムです。タイトルからも薄っすらと感じ取れるように、バンド・アンサンブルがワイルドというか、ダイナミックに変化し、彼らの男性的な面が顕在化。それによって繊細な音響がもたらす官能美も際立ってきました。正直、この人たちがこんなにセクシーなロックを聴かせてくれるとは思ってもみなかった!

関連アーティスト
GR'18