2018.05.18

NAOと組んだ昭和の兄弟に集中するため、7年ほどソロ活動を封印していたシバキマン。その昭和の兄弟のプロデュースを一手に担ってきたSquid ink製のタイトル曲で始まる本EPは、任侠映画とラガ・スタイルが正面衝突したような〈らしい〉一枚で、和心溢れるオケ、強い言葉、鬼気迫るDJイングが見事にマッチ。“何を思う”ではニュー・アルバムへの意欲も見せる兄貴。完全復活への狼煙はいま上がったばかりです!

関連アーティスト