2018.05.25

近年はFKAツイッグスとのコラボ、アノーニやデヴィッド・バーンのプロデュース、映画のサントラなど、一口に〈奇才〉と形容できないほどの活躍ぶりを見せるダニエル・ロパティンだが、ここでも聴く者の想像の遥か先を鳴らしている。すでに〈21世紀の電子バロック音楽〉と表現されている通り、彼特有のノイジーな音像が混沌の時代にあって、よりいっそうクリアに鳴り響くという体験をもたらすはずだ。

関連アーティスト