Keith's Counterpoint

The Songs of Bob Dylan―カヴァーで炙り出されるボブ・ディラン曲の魅力

ボブ・ディランは多くの人に時代を越えた素晴らしい作曲家だと思われているが、ヒット曲と言われるものは非常に少ない。彼がチャートで1位に輝いたことはなく、トップ10入りした曲も“Like a Rolling Stone”Rainy Day Woman #12 & 35Lay Lady LayPositively 4th Streetだけである。彼の粗く、安定しない歌声を多くの人は特徴があって良いというが、彼は〈美しい〉声を持っているとは評されない。Gotta Serve SomebodyForever YoungKnockin’ On Heaven’s Doorのように、彼の歌は発表当時はそこそこしか評価されず、時間が経つにつれクラシックと評されるようになる傾向にあると言える。理由は人それぞれだが、彼の曲の一番好きなヴァージョンは、他のミュージシャンによるカヴァーだというパターンも多い。ボブ・ディランと彼の曲のファンとして、ここでは彼の素晴らしい曲の一番良いと思うカヴァー・ヴァージョンについて話をしたい。

 

ジミ・ヘンドリックス All Along the Watchtower(見張塔からずっと)”

ジミ・ヘンドリックスは、ボブ・ディランがこの曲を発売した6か月後、68年9月にカヴァーを発表した。レコーディングには非常にユニークな手法が取られた。彼のバンドであるエクスペリエンスの代わりにデイヴ・メイソンがリズム・ギターを、ブライアン・ジョーンズがパーカッションを担当、ヘンドリックス本人がベースを演奏。このシングルはイギリスチャートの5位、アメリカチャートでは20位に入り、これがジミ・ヘンドリックスのビルボード最高位となる。ディランはこのヴァージョンが非常に気に入って、彼自身のパフォーマンスもヘンドリックスのバージョンに影響を受けたと後に語っている。ヘンドリックスもディランの大ファンで、他にもLike A Rolling StoneDrifter’s Escape”Can You Please Crawl Out Your Window?もカヴァーしている。

 

ピーター・ポール&マリーBlowin’ In The Wind

ピーター・ポール&マリーはディランのカヴァーでヒットを飛ばした最初のミュージシャンになる。このフォーク・トリオは、ディランがセカンド・アルバムFreewheelin’ Bob Dylan』をリリースした3週間後にこの曲のカヴァーを発表した(ディランのデビュー・アルバムにはオリジナル曲は2曲しか含まれておらず、他はフォーク・ソングのカヴァーだった)。この曲はピーター・ポール&マリーのヴァージョンで世界的なスマッシュヒットとなり、ヒッピー時代のスタンダード・ナンバーとなった。平和への願いがテーマのため、キリスト教のいくつかの宗派や反戦運動家にも取り入れられている。この曲は100人を越えるアーティストに録音され、多くの言語に翻訳された。早期からのディラン・サポーターとして知られるジョーン・バエズも、日本語ヴァージョンも含み、この曲を何度もレコーディングしている。スティーヴィー・ワンダーのヴァージョンはチャートのトップ10に入るヒットになっている。ピーター・ポール&マリーのヴァージョンは若干古い印象ではあるものの、その素晴らしいハーモニーと悲しげなヴォーカルは、ジェファーソン・エアプレーンやママス&パパスに代表される、反骨精神を含むフォークとポップ、ロック音楽の素晴らしい融合の時代を反映している。

 

ニーナ・シモン I Shall Be Released

ニーナ・シモン。最初にこの曲がリリースされたのはザ・バンドのアルバム『Music From Big Pink』なので、こちらが1番のヴァージョンだと主張する人もいる。この曲はゴスペル様式で作曲され、不当に長期間収監された男の模様と宗教的な贖罪について描かれている。この曲はボビー・マクファーリンやアーロン・ネヴィルによるものを含む数々のゴスペル・アルバムに収録されている。これはディランの曲のなかでももっともカヴァーされた曲のひとつだが、ニーナ・シモンのゆったりとしたソウルフルなヴァージョンがベストと言えるだろう。

 

タートルズ “It Ain’t Me Babe

タートルズ。南カリフォルニア出身のポップ・グループ、タートルズが、このディランのカヴァーで65年の夏に初のヒットを飛ばした。ディランのオリジナル発表後1年を待たずにリリースされたこの曲は、チャートで8位となる。この曲は彼らのデビュー・アルバムのタイトル・ソングとなり、このアルバムには3曲ディランのカヴァーが収録された。他に特筆すべきヴァージョンとしてはジョニー・キャッシュ、ジョニー・サンダース(『Hurt Me』)、そしてケシャが2016年のビルボード・アワード授賞式で披露したパワフルなヴァージョンがある。タートルズはこの後数々のヒットを飛ばし、ヴォーカルのハワード・カプランとマーク・ヴォルマンはフロ&エディとしてフランク・ザッパのバンドで歌った後、人気のバック・コーラスとして引っ張りだことなり、T・レックスやブルース・スプリングスティーンらのアルバムにも参加している。

 

ニーコ・ケース “Buckets of Rain”

ニーコ・ケース。ディランによる75年のアルバム『Blood On The Tracks』はほぼ世界的に彼の最高傑作と認知されている。このアルバムは個人的な感情、ロマンスの香りや、愛による気持ちの高揚を表している。このアルバムを聞いて、夫人のサラ・ノジンスキーとの別離が影響を与えているのではという感想を持った人は多い。ディランの息子、ジェイコブ・ディランもこのアルバムは〈両親の会話だ〉とコメントしている。しかし、ディラン本人はこのアルバムが自伝的ではないと否定している。この曲はチャートのトップに輝き、ディランのスタジオ収録アルバムのなかでは最高の売り上げを誇っている。ディランとこの曲でデュエットを歌ったベット・ミドラーを始め、多くの女性シンガーがこの曲をカヴァーした。私にとっては、ニーコ・ケースの歌ったテキサス州オースティンでのライヴ・バージョンが最高の演奏とソウルフルな歌で本当に素晴らしかった。

 

エタ・ジェイムズ “Gotta Serve Somebody”

エタ・ジェイムズ。ディラン19枚目のアルバムになる『Slow Train Coming』は非常に評価が分かれたと言える。ディランはユダヤ人として育てられたが、組織宗教について常にシニカルな視点を持っていた。にもかかわらず、このアルバムで彼はアリゾナ州タスカンのホテルでの宗教的体験に影響を受けたとし、非常にキリスト教色の強いものになっている。一部のキリスト教信者は大喜びしたが、彼の古くからのファンの多くはこれに拒否反応を示した。アラバマ州マッスル・ショールスでレコーディングされたこのアルバムは〈無神教的ユダヤ〉と自称する著名なプロデューサー、ジェリー・ウェラーも参加して作られている。この曲はネオ・ゴスペルのスタンダードとなり、何度もレコーディングされている。エタ・ジェイムズはこの曲に教会とブルースのテイストを加えた。

 

シェルビー・リン “Don’t Think Twice It’s Alright”

シェルビー・リン。アラバマ州モバイルで育ったカルト・アーティストのシェルビー・リンは17歳の時に父親が母親を射殺した後自殺するのを目撃した。彼女は音楽にのめり込み、最初のレコーディングをカントリー・ミュージックのスーパースター、ジョージ・ジョーンズとのデュエットで飾っている。リンは〈カントリー〉ミュージシャンと呼ばれることが多いが、実際にはポップ、ソウル、カントリーとブルースに南部のテイストを加えた素晴らしいミックス・ジャンルの音楽家だ。99年にグラミーの新人賞を受賞したが、その時のアルバム『I Am Shelby Lynne』は実際には彼女の6枚目のアルバムとなる。彼女はジャンルに縛られることを嫌がりつつも並外れた音楽を作り続けている。また、彼女のレパートリーに含まれるディランの“Not Dark Yet”は、妹のアリソン・ムーアと共に録音している。

稀に、ディランは古いフォーク・ソングを自分のものとして発表すると糾弾されることがあるが、この曲もそのひとつだ。“Who’s Gonna Buy Your Chickens When I’m Gone”というフォークソングにコードやメロディーがそっくりなのだ。公共的な歌として認知されているこの曲をピーター・クレイトンが“Who’s Gonna Buy Your Ribbons When I’m Gone”として仕立て直し、発表した後にディランに原曲を教え、ディランも自分のヴァージョンを思いついたという。

 

ジョニー・ウィンター “Highway 61 Revisited”

テキサス出身の著名なアルビノ・ブルース・マン、ジョニー・ウィンターは69年、この曲を自分のアルバム『Second Winter』に収録した。ウィンター・ヴァージョンの“Highway 61 Revisited”は度肝を抜くようなスライド・ギターに飾られ、彼の生涯を通じてのスタンダード・ナンバーとなった。ハイウェイ61とは、ディープ・サウスと呼ばれるニューオリンズから北部のシカゴ、メンフィスや、セントルイスなどの各都市をつなぎ、その昔、アフリカ系アメリカ人が南部から脱出するのに使った道だ。ディランの育ったミネソタ州ダルースを起点としてもいる。1番の歌詞では聖書の創世記22節でのアブラハムの説話に触れている。他の部分ではほぼ不条理主義的でありながらうっすらと政治的な色合いも帯びていて、ウィンターの手により、焼けるようなブルースとなっている。

次ページジョージ・ハリスン、ガンズ、ブライアン・フェリーらによる絶品カヴァー
関連アーティスト