2018.06.21

本国カナダで圧倒的な支持を得ているオルタナ・メタル・バンドの6作目は、エッジーで超攻撃的な面とダーク・メロウな面を代わる代わる登場させながら、起伏に富んだ構成で聴かせる一枚。哀愁を湛えたヴォーカルによく映えるビッグ・スケールなミディアムも板についてきたし、エレクトロ要素をナチュラルに溶け込ませるスキルもアッパレだし……もういい加減、日本でも正当に評価されるべきだろう。

関連アーティスト