COLUMN

カーネーションはずっと孤高の存在―松永天馬、大谷能生、TAMTAMクロ、岩下和了らが35周年のバンドへ熱いメッセージ!

カーネーション結成35周年特集Vol.2

JAPAN Pop Rock
カーネーションはずっと孤高の存在―松永天馬、大谷能生、TAMTAMクロ、岩下和了らが35周年のバンドへ熱いメッセージ!

結成35周年を迎えたカーネーション。先日ベスト盤『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』もリリースされ、いよいよアニバーサリー・イヤー本番ということで、今週末6月30日(土)に、彼らの周年記念ライヴ〈35年目のカーネーション「SUNSET MONSTERS」〉が東京・日比谷野外音楽堂にて開催される。そこでMikikiでは公演を目前に、カーネーションをリスペクトする人々によるメッセージを掲載。編集部が用意した下記2つのお題に沿って、カーネーション愛をそれぞれ綴ってもらった。

1、カーネーションと私
2、これからのカーネーションに望むこと

来る野音公演では、ケラリーノ・サンドロヴィッチ森高千里、曽我部恵一岡村靖幸といった35年のさまざまな場面を共に過ごした縁あるアーティストが大集結。長き歩みを総括する内容であると共に、今後も続いていくバンドの物語の次の1ページも見せてくれるに違いない。今回メッセージを寄せてくれたメンバーのように十人十色なカーネーションへの想いを胸に、ぜひ足を運んでほしい。 *Mikiki編集部

>>野音公演の詳細はこちら!

★35年の雄大な歩みを音楽ライター・渡辺裕也が振り返ったコラム記事
ベスト盤『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』について直枝政広が語った記事

 


松永天馬(アーバンギャルド)

1、カーネーションと私
去勢された男が最後に見せた勇気。
永遠の弟感…僕も血縁上、そして音楽的に誰かの「弟」です。

2、これからのカーネーションに望むこと
三十五年。音楽のポップサイドもダークサイドも、
バンドの酸いも甘いも見せてくれましたね。
世界の果てまでぼくもつれてってください。
音楽が果てるその場所まで。

松永天馬
8月12日生。A型。東京生まれテクノポップ育ち。アーバンギャルドのコンセプターにしてアジテーターとして、ヴォーカルや作詞作曲のみならず、アートワーク、PV、詩の朗読などを担当。また個人として、小説やコラムや現代詩の執筆、ヴィデオ監督、DJなどのパフォーマンスも行っている。
ソロ/4th&Birthdayワンマンライブ"PLAY MATE"を8月11日(土)に六本木CLUB EDGEで開催。http://temma.club
アーバンギャルド/ニュー・アルバム『少女フィクション』が発売中。また、“アーバンギャルドpresents鬱フェス2018”が9月8日(土)がTSUTAYA O-EASTにて開催。“少女フィクションツアー~THIS IS TRAUMA TECHNO POP~”は今秋開催。http://urbangarde.net

 

大谷能生

1、カーネーションと私
いろいろ思い出ありすぎて書くのに困るのですが、“Spike&Meのリリックを、その頃ダンス公演に帯同して行ったルクセンブルクで、なんか一気にわーっと書いたことをいま思い出しています。あれもう6年ぐらい前か〜。あと虎丸座! ゲスト参加させていただける贅沢! 2年連続快晴!

2、これからのカーネーションに望むこと
お二人とも身体に気を付けて。あと20〜30年ぐらいは活動よろしくお願いします!

大谷能生
1972年生まれ。音楽(サックス・エレクトロニクス・作編曲・トラックメイキング)、批評(ジャズ史・20世紀音楽史・音楽理論)。近年も演劇作品の主演や、吉田アミとの朗読/音楽/文学の越境実験〈吉田アミ、か、大谷能生〉など、活動は多岐に渡る。最新作に『JazzAlternative』(2016年)。
http://www.ootany.com/

 

岩下和了(岩下食品 代表取締役社長)

1、カーネーションと私
カーネーションの音楽には(聴くべき)ロックの歴史が詰まっているよう。中高時代、学校から帰宅するとすぐに兄のレコード棚からビートルズやボブ・ディランやフランク・ザッパやトッド・ラングレンやXTCやらを引っ張り出して、聴き漁った。あの時代の感覚。直枝さんのザッパ論を読んでも、その奥の奥にある音楽を探究する姿勢が、私達音楽ファンのマニア心と重なり、先生に花丸を貰ったようで嬉しくなった。かつてのロック名盤は、今聴くと当時のスタジオ録音芸術ゆえの密室作品感があるけど、カーネーションはそれをずっと「肉体的」な躍動を伴って昇華させてこられたことに敬意を覚えます。スタジオ盤に覚える、痛快なるライブ感! それは最高の最新曲に至るまで。マニアックで叙情的なのに、肉体派でもある。それが私のカーネーションのイメージ。ずっと、孤高の存在です!

2、これからのカーネーションに望むこと
84年にBright Young MUSEUM Workers(陽気な若き博物館員たち)のひとりだった直枝さん。(ボッカチオ84としても出演された博物館ライブも行きました。最後は“いたち野郎”でしたね!)今、私がNew Ginger MUSEUM(岩下の新生姜ミュージアム)の館長になったのも、18歳の私の憧れが三十数年の時を超えて、実を結んだのかもしれません。今も、自分が運転する車がゆっくりと曲がるとき「緩やかなカーブで目が覚める」と歌っていることがある。これからも、ずっと、ときどき変な音をぶち込んで覚醒させながら、次々、新しい世界へ連れていってください。

岩下和了(いわしたかずのり)
岩下食品株式会社(http://www.iwashita.co.jp/)代表取締役社長。1966年、栃木市生まれ。慶応大卒。住友銀行を経て93年同社入社、2004年から現職。同社はしょうが漬け、らっきょう漬けで日本一のシェアを持つ。2015年6月、岩下の新生姜ミュージアムを開館(館長)。趣味は音楽鑑賞、Twitter(苦笑)。
https://twitter.com/shinshoga

 

小池杏奈&小池優奈(WAY WAVE)

1、カーネーションと私
直枝さんと初めてお会いした時は私たちまだ中学生で、とても恐れ多いのですが直枝さんが本当にすごい方だと言うのを知らなくて、でも周りのスタッフの方々は直枝さんが私達に曲を書いてくれる事がすごい!と驚いてたので「あ、直枝さんてすごい方なんだ!」ってその当時は思ってました! 本当にすみません(笑)!
でも色んなところで直枝さん、カーネーションさんの名前を目にしたり耳にしたりして自分たちはこんなすごい方に曲を書いて頂いたんだってわかって大変失礼な事をしてしまったと反省しました(笑)。
最近、姉妹でWAY WAVEを始めてから音楽をより楽しむようになって、中学生の頃にトリビュート企画でカバーした“Edo river”も時々歌っています! 曲のかっこよさとかも今の自分だからよりわかったりもしてすごく歌ってて楽しいです! 動画とかも見て勉強させて貰っています! 私達の恩師みたいな存在です!

※杏奈&優奈が所属していたうどん兄弟のアルバム『ラストアルバムvol.1』(2014年)収録曲“立入禁止”を作曲した(作詞はうどん兄弟)

2、これからのカーネーションに望むこと
お年が58歳とは驚きです! 全然見えなくて本当にびっくりしました! カーネーションさんの誰にも真似できないあの世界観はとても素敵だと思ってるのでこれからも聞いてる人が痺れるような歌を届けてください! そして私達もカバーさせて頂いてる曲や楽曲提供して頂いた曲、しっかりお客さんに届けます! これからもどうぞ宜しくお願い致します!

WAY WAVE
うどん兄弟、ANNA☆Sとしても活動する小池杏奈&優奈の姉妹による新ユニット。6月27日に関美彦が全面プロデュースを手掛けた7インチ・シングル「SUMMER GIRL c/w LOVIN' YOU」をリリース。
http://waywave.jp/

 

行達也(タワーレコード レーベル事業部)

1、カーネーションと私
昔、タワーレコード新宿店に勤務していた頃に、スタッフのみんなで車でズーラシアに行ったとき、車中のBGMを巡って意見が対立し、洋楽邦楽入り乱れて大変微妙な空気になったのですが、誰かがかけたカーネーションを無事に全員が歌えたことで、とても素敵な思い出になりました。ありがとうございました。

2、これからのカーネーションに望むこと
感覚的なアレでとてもアレなのですが、音楽にまつわる仕事をしていると、次々に新しい才能を目前に晒されます。そして、つい周りの意見に踊らされて「あれ? コレってそんなに良いんだろうか?」と迷いが生じることが多々ありますが、そんな時にカーネーションを聴き直して、自分の耳をリセットします。いつまでもそんな私の評価軸として君臨していただければ幸いです。

行達也
タワーレコード・レーベル事業部。
https://twitter.com/yumeochi2

 

小森清貴&遊佐春菜(壊れかけのテープレコーダーズ)

1、カーネーションと私
2012年作の『SWEET ROMANCE』。当時私が勤めていたCDショップで上司がかけていて、あまりにも素晴らしくすぐ購入しました。そのレコ発のWWWが初カーネーションのライヴだったかな。結果として『SWEET ROMANCE』は自分にとっての2012年ベストディスクとなった。
また当時、私も直枝さんも別々の形で大森靖子さんのバンド形態に携わっていて、直枝さんがプロデュースした『絶対少女』を聴いた時は、悔しかったです(笑)。(小森清貴)

私は、大田さんがサポートメンバーとしてベースを弾いているジャック達経由で、カーネーションが好きになりました。
リアルタイムで聴きはじめたのは『SWEET ROMANCE』からで、まだまだ新参者なのですが、その自由さ、奥深さ、みずみずしさ……音源やライブを通していつもいつも驚かされています。
同じ時代にこういう体験をさせてくれる先輩がいること、本当に、心強く思います。(遊佐春菜)

2、これからのカーネーションに望むこと
自分がカーネーションくらいの年齢になっても、カーネーションが存在し続けていて欲しいです。ずっと追うべき背中、憧れです。(小森清貴)

カーネーションを聴いていると、自分の中にある探究心がむくむくと刺激され、外の世界に飛び出したくなります。
この世界にある無限の面白さに対する冒険家として、これからもずっと先頭を切って進んでいって欲しいです。
随分後れをとりながらですが、私も後に続きたいと思っています。いつか、対バンしてください!!
改めまして、直枝さん、大田さん、35周年本当におめでとうございます!!!(遊佐春菜)

壊れかけのテープレコーダーズ
2007年初夏結成。これまでに5枚のオリジナル・フル・アルバム、シングルやライヴ盤、そして小森清貴(ヴォーカル/ギター)、遊佐春菜(ヴォーカル/オルガン)各々のソロ作など、 幾多の作品を世に残す。昨年の結成10周年イヤーを経て、今年4月に新体制での最新作『FRAGILE E.P.』をリリースしたばかり。同作のリリース・ツアーのファイナルが7月20日(金)に秋葉原 CLUB GOODMANにて開催。
http://kowarekake.com/

 

武末 亮(Noahlewis’ Mahlon Taits)

1、カーネーションと私
直枝さんとはじめてお話したのは、たぶん2000年くらいのなにかのイベント。 最近、直枝さんと会ったのは、オヘイガンのお寺のライブ。 いつでもかっこいい◎

2、これからのカーネーションに望むこと
35周年おめでとうございます。 40年、それ以降もバリバリ続けて欲しいです。 また遊んでください!

武末亮
Noahlewis’ Mahlon Taits/Guitar。 最近は7月25日(水)発売の ayU tokiO 2nd full album『遊撃手』(CD、LP、カセット)収録の“あさがお”でギターを担当。
https://twitter.com/ryo0ooooooooo

 

クロTAMTAM、吉田ヨウヘイgroup)

写真中央右がクロ
 

1、カーネーションと私
初めて交流をさせていただいたのは2017年の夏、TAMTAMが自主制作・数量限定でミックステープをリリースした直後のある日。「TAMTAMの新作についてカーネーションがツイッターでコメントしてるよ!」と友人のミュージシャンが教えてくれ、驚きと共に大変光栄でした。もちろんカーネーションの楽曲は以前より知ってましたが、自分たちの作品を早々にチェックされてた早耳さだったり、新旧問わず色々な音楽を楽しもうとされるスタンスに、お2人の人となりやミュージシャンとしての拘りなんかにも興味が強まった出来事でした。今年に入ってからは吉田ヨウヘイgroupの方で企画に呼んで頂いて、面と向かってお話する機会も持つことができました。温かいファンの方も含め、カーネーションの魅力をよりダイレクトに知ることができた素敵な日でした。

2、これからのカーネーションに望むこと
カーネーションのようにチャレンジングなバンドであれたらと、あらゆる局面で思います。40、45、50年後も見たことのないカーネーションを見せてほしいです。

クロ
TAMTAM/吉田ヨウヘイgroupでヴォーカル、トランペット、シンセサイザー、作詞・作曲などを担当。その他客演も多数。
https://twitter.com/96kuro96
TAMTAMとしては最新アルバム『Modernluv』を6月にリリースしたばかり。同作のレコ発〈Modernluv Release Tour〉も開催中で、残すは7月4日(水)東京・渋谷WWW(ゲスト:GOODMOODGOKU)、8月27日(月)大阪・心斎橋conpassの2公演。
https://tamtam-band.tumblr.com/
吉田ヨウヘイgroupは最新アルバム『ar』が好評発売中。
https://twitter.com/yyg_tk

 


Live Information

35年目のカーネーション「SUNSET MONSTERS」

2018年6月30日(土)東京・日比谷野外大音楽堂
開場/開演:16:00/16:30
出演:カーネーション(直枝政弘、大田譲)
ゲスト:大谷能生、岡村靖幸、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、佐藤優介(カメラ=万年筆)、白井良明、鈴木慶一、鈴木博文、 ZOOCO、曽我部恵一、棚谷祐一、鳥羽修、田村玄一(KIRINJI)、堂島孝平、徳永雅之、中森泰弘、張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)、バンドウジロウ、ブラウンノーズ、真城めぐみ、馬田裕次、松江潤、森高千里、矢部浩志、山本精一、ロベルト小山、渡辺シュンスケ (Schroeder-Headz)
★詳細はこちら