INTERVIEW

パニック!アット・ザ・ディスコ『Pray For The Wicked』 ブレンドンはブロードウェイでの経験をどう楽曲に落とし込んだのか?

パニック!アット・ザ・ディスコ『Pray For The Wicked』 ブレンドンはブロードウェイでの経験をどう楽曲に落とし込んだのか?

さあさあ、ブレンドン劇場の第二幕が開演だ! とびきりゴージャスでちょっぴりシアトリカルな歌と共に、高い希望を持って自由を謳歌し、人生を祝福し、自分を信じ、不道徳者たちに祈りを捧げよう!!

ブロードウェイでの経験を原動力に

 パニック!アット・ザ・ディスコ(以下:P!ATD)の前作『Death Of A Bachelor』は、スペンサー・スミス(ドラムス)が脱退し、ブレンドン・ウーリー(ヴォーカル)のワンマン・バンドになって最初のアルバムだったが、周囲の心配をよそにキャリア初の全米チャート1位を獲得するなど大成功を収める結果に。あれから2年、上昇気流に乗るブレンドンが過去最高にP!ATDらしい強力なニュー・アルバム『Pray For The Wicked』を完成させた。これまでの作品にも採り入れてきたミュージカルの要素をより拡大し、それをダンサブルでダイナミックでキャッチーな極上のポップに書き換えた見事な一枚だ。

PANIC! AT THE DISCO Pray For The Wicked DCD2/Fueled By Ramen/ワーナー(2018)

 前作のツアーを終えた後、ブレンドンはNYへ向かった。人気ミュージカル「キンキーブーツ」の主役に抜擢されたためだ。そして、子どもの頃からの夢だったというブロードウェイの舞台が、この新作にも大きなインスピレーションを与えている。ストリングスが盛大に鳴り響くオープニング・トラック“(Fuck A)Silver Lining”はまるで豪華なミュージカルの幕開けのようだし、〈ブロードウェイは下水穴のように黒い〉と舞台俳優としての体験に触れた“Roaring 20s”も物語のクライマックスをイメージさせる壮大な出来映えだ。

 「ミュージカルの経験は『Pray For The Wicked』に大きく影響しているよ。ブロードウェイって音楽的に凄くやるのが大変なんだ。かなり多くのことを要求される。あんなに大変だとは知らなかったよ。でも、演技と歌とダンスを合わせた舞台のエネルギーが、このアルバムの原動力になったことは間違いないし、今後のライヴでもそれを紹介していくつもりだよ」。

 『Pray For The Wicked』の制作は、かねてから親交のあるプロデューサーのジェイク・シンクレアを中心に、サム・ホランダーら友人のソングライターたちと共同で行なわれた。気の置けない仲間との作業はとにかく楽しかったそうで、持ち前のメランコリックなメロディーを散りばめつつ、全体としてかなり明朗なアルバムに仕上がっているのは、きっとレコーディング現場のムードも反映されてのことだろう。そうした雰囲気で作品に統一性を持たせながらも、各曲のサウンドはヴァラエティーに富んでおり、実験的なナンバーがいくつも存在。そのさまざまな曲調に合わせ、ブレンドンのヴォーカルもかつてないほど表情豊かに。例えば“King Of The Clouds”では美しいファルセットを聴かせ、“Old Fashioned”ではレゲエっぽいフロウも披露する。

 

人生を祝おう

 意味深長なアルバム・タイトルについて、ブレンドンはこう語ってくれた。

 「〈不道徳者のために祈るような作品になった〉って感じたから、このタイトルにしたんだ。〈不道徳者/邪悪な者〉って言葉には宗教的な意味合いがあってね。僕は宗教的な家庭で育ったから、それをインスピレーション源にし、少し笑い話にして楽しむことができるんだよ。でも、このアルバムは不道徳な人を批判しているんじゃないよ。〈人を憎む代わりに人生を祝おうよ、僕は人生を祝うのが大好きだ〉って言いたかった。それがこのタイトルの裏にあるメッセージかな。僕はもう宗教を信じていないけど、いまでも祈ることがあるからね。自分がどんなふうに変わりたいか、人々をどうインスパイアしたいかを、瞑想みたいにして祈るんだ。その行為が将来の助けになると僕は思ってるよ」。

 〈The Wicked=不道徳者〉という言葉からはブレンドン自身が〈変わった人〉であることも暗に感じられると思うのだが、どうだろう。セカンド・シングルとして5月末にアップされた“High Hopes”は、そんな彼が〈できる限り高い希望を掲げよう〉と決意する曲だ。この曲の公開日に、ブレンドンはオフィシャル・サイトを通じて以下のメッセージを発信した──〈僕は長い間、あまり希望を高くせずに生きてきた。失敗した時の気分を心配していたからね。でもやっと気付いたんだ。成長し続けるためには、高い希望を持って、失敗して、失敗して、また失敗する必要があるんだって。この曲は、僕が全力で進むことを助けてくれた君たち全員のための曲だよ〉。

 そんなわけで今作の多くは、高い希望を掲げて努力し続けたいと願うブレンドンのハングリー精神を表現した歌詞になっている。その希望の高さが、P!ATDの過去最高傑作と呼べるアルバムの誕生に繋がったことは言うまでもないか。

 また、もうひとつの先行シングル“Say Amen(Saturday Night)”のドラマティックな曲展開に合わせた映画さながらのMVは、P!ATDがヴィジュアル面にも物凄いこだわりを持っている事実を改めて確認できる内容に。

 「“Say Amen(Saturday Night)”のMVは、前作収録の2曲(“This Is Gospel”と“Emperor's New Clothes”)のMVを撮影したクラウド・カンポス監督によるものなんだ。その2作は結びついていたから、それと合わせて3部作になる映像を作りたかった。僕が出したアイデアは少しだけで、〈窓の外に人を投げたい〉〈『キル・ビル』meets『キングスマン』みたいなシーンを入れたい〉って伝えたら、2日後にプロットを見せてくれた。〈かなり暴力的なMVになりそうだね、やろう!〉って言ったよ(笑)。血がいっぱいの映像になっているけど、アクション映画スターみたいなことができて凄く楽しかった。僕がなぜ病院送りになって、死んで、地獄に落ちるのかっていうストーリーを考えたんだ。それが3部作のMVのあらすじだよ」。

 早くもソールドアウトが続出しているこの夏の北米アリーナ・ツアーでは、いままで以上にヴィジュアル演出に力を入れたシアトリカルでエキサイティングなステージを計画しているとか。近いうちに来日公演が実現されることも期待しながら、まずはこの素晴らしいニュー・アルバムを楽しんでほしい。 *鈴木美穂

 

次ページ『Pray For The Wicked』から連想するウィキッドな人たち
関連アーティスト