2018.07.09

プロデュースに蔦谷好位置を迎えたニュー・シングルは、冒頭のハミングのパートから、一気に光を放つように響くストリングスや鍵盤の音色が印象的。彼女の透明感のある歌声の魅力やメロディーラインの美しさそのままに、抑揚をつけたダイナミックなアレンジで、楽曲のドラマティックさがさらに際立っている。カップリングには、南波志帆に提供した“おとぎ話のように”のセルフ・カヴァーを収録。

関連アーティスト